2006年1月15日 (日)

新春浅草歌舞伎

第二部を見に行ってきた。

まずは仮名手本忠臣蔵の五段目・六段目。
いや~、お兄ちゃん(中村勘太郎)、カッコイイ!! 凛々しいねぇ~。 男だね~。
上司である弥五郎と話をする時の「下っぱ」らしさ、帰宅した時の主人らしい泰然さ、ふわりと身にまとう空気や顔つきが変わるのね。

それから蜘蛛糸梓弓。 市川亀治郎が6役の早変わり。 最初はのんびり構えて見ていたのだけど、話が進むにつれ演技の調子が激しくなり、客席が引き込まれ、舞台の熱気も高まり、最後は見事に呼応した。 この一体感、ミュージカルを見終えたあとのようなカタルシス。

浅草歌舞伎は2年ぶり2回目だけど、前より断然良かった。 出演者全員、この間の経験がちゃんと芸につながっているのね。 新年一発目の舞台。 いいモン見せてもらいました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

サッカー全般 | スポーツ | レイソル | 舞台