« 2009 最終戦 | トップページ | 福岡戦 »

2010年3月16日 (火)

栃木戦

今年初観戦だったのですが、なんとも残念な試合でありました。

J2のチームは引いて守ってカウンター。 なんてことは今は昔。
ある程度の高さからのプレッシングも、ブロック作って囲い込みも、当たり前。
戦術とか志向でいえば、J1もJ2も、ほとんど変わりないと思う。
じゃあ何が違うかといえば、個人の技術と、場面の読み方や戦術理解を含めた判断力。

技術差を補うためにはどうするか? ・・・ 運動量と粘り、しぶとさでカバー。
判断力の差を補うためにはどうするか? ・・・ 体に染み込ませた戦術でカバー。 
松田監督いうところのディシプリンとコミットメントってやつですね。

そうやって、足りない部分を埋めようと必死に考えてぶつかってくるチームに対して、連携なんて出なくて当たり前だろう、ってメンバー構成をスタメンにすること自体間違ってるし、球際の競り合いやボールに反応するスピードっていう、最も基本的な部分で前半45分間完全に負けておきながら「これがJ2」的発言をする選手も間違ってると思う。
どの面を切り取っても全て甘い考えで臨んでこの結果。 しごく妥当でした。


昨年から続くこの甘さ、どうやったら取り除けるか。
もうね、J1昇格なんて当たり前すぎて目標にしないってのはどうでしょう。
J2優勝、ぶっちぎり、今後数十年間は破られないくらいの最短昇格記録を作ってやるっっ!!くらいの。
36試合しかないのに目標勝ち点100!!みたいな。
そんくらいの、ギンギンギラギラ(←死語)な入れ込み方が、足りない気がするんだよねぇ。。。

|

« 2009 最終戦 | トップページ | 福岡戦 »

コメント

こんにちは。
私に言わせてもらいますと再昇格は通過点なんですね。
今は自分たちを強くするためにあるわけでして、相手をなぎ倒しながら「通過」していかなくてはなんです。
おっしゃる通りぶっちぎりを目指してJ2を通り過ぎてもらわないとね。
メンバーに関してはあのメンツでも通り過ぎるには足りるはずなので連携なしでもやってくれないと物足りないかな。

後がない気持ちでこちらも頑張っていきましょう。

投稿: katsu | 2010年3月17日 (水) 09時12分

>katsuさん
 お久しぶりです!
 J2は甘くないとか自分たちはチャレンジャーだとか、油断しないのは良いんですけど、もうちょっと自分たちの力にプライド持って「こんなもんじゃないっ」って気持ちでやって欲しいです。
 特に最盛期を知る者としては・・・。

投稿: ちず | 2010年3月18日 (木) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/47822709

この記事へのトラックバック一覧です: 栃木戦:

« 2009 最終戦 | トップページ | 福岡戦 »