« (A)横浜FM戦 | トップページ | FC東京戦 »

2009年5月18日 (月)

覚悟をもって

"勝てない"という事実に対しては、残念ではあるけれど、不満や不安は無いのです。
もともと、前半戦は勝てないだろうと思っていたし。
むしろ、昨年後半を思い起こし、そこから現在のチーム編成を見てみれば、簡単に勝てるほどJ1リーグは甘くないと思うし。


でも、「結果が出ない」という言葉に対しては、最近違和感を覚え始めた。


「結果が出ない」っていう言葉には、まるで内容は問題ないのに、ってニュアンスがあるけれど
けど、内容も、決して良くはないよね?
真さんの目指す方向性は間違ってないとか、手ごたえはあるとかって言葉もよく聞くけど、それらを決してピッチ上で表しきれていないよね??


守備でいえば、いつまでたっても治らない中盤がポッカリ空くクセ。
ゾーンディフェンスなんだかマンマークなんだかよく分からず、ゴール前で相手選手がフリーになっているのは、ホントにホントによく見かける。


攻撃でいえば、何と言っても今年標榜したのは「ポゼッションサッカー」のはず。
ためしに「ポゼッションサッカー(フットボール)」をWIKIで調べてみる。
「確実性の高いショートパスを多用し、徐々にラインを押し上げて攻め上がる。 攻撃が行き詰ったときは無理に攻撃してボールを奪われるよりは守備的MFやDFラインまでボールを戻して、再びDFラインからのビルドアップを行う場合が多い。 そういう場面で作られた時間を生かし、各選手がスペースを作りチャンスを生みだそうとする」
各選手がスペースを作り。 そうした動き出しを、どれだけ試合で見せられているか。

ちなみに、ゴール裏から目前に見る前半の鹿島の攻撃は、細かいポジションチェンジ、斜め左右の大きなフリーランニング、そこに出てくる小笠原のパス。 これでしょ、これだよね!? って感じでしたよ。


だからね。 勝てないことは良いんです。 ただ、今の時期、目指すサッカーの土台造りとミスの修正を、とにかく徹底して欲しいんです。
例えば祐三をサイドに使ってみたりする。 それは一つの手かもしれないけど、そうした小手先の対応じゃなく、もっと基本から徹底的にやって欲しいんです。
「新しいチームを作ってんだ、最初は勝てないのが当たり前だ!」くらいの覚悟をもって、やって欲しいんです。


それは今の時期、少なくとも前半戦までしかできないことだから。 細かい部分を曖昧にしていると、そのツケが後半戦に回ってきてしまうから。


それくらいの覚悟をもって応援してんだから。

|

« (A)横浜FM戦 | トップページ | FC東京戦 »

コメント

こんにちは。
私は根底から新しいチームを作ってほしいとは思っていないんですよ。
良かった部分は残しつつ少しずつ新しいことにチャレンジしてほしいと。

守備の土台は柏にとって大事なベース。
それを崩して(今は崩れすぎ)まで攻撃やできないポゼッションにこだわるのはいかがかなといささか懐疑的です。
というかポゼッションすらできていないんですけど(笑)。

お互い長く見てますから覚悟と言うところでは一緒かなと感じます。
そんな私たちを納得させる「信念」を司令官が見せてくれないのがもやもやするところですね。
引き出しが少なすぎるのが今後どう影響するのか見守っていきますね。

投稿: katsu | 2009年5月19日 (火) 17時08分

>katsuさん

すみません、私の文章では伝わらなかったようで(汗)。
私も根底から「新しいチーム」を作って欲しいと思っているわけではないんです。
ただ、今は目先の補修に走ってるように思えて、それよりももっと目指すチーム像への「根底を大事に」して欲しいと思ってるんです。

「柏のサッカー」ってどんなんだろ、って最近思います。
前半戦のうちに、その姿が見えるようになって欲しいな、と・・・。

投稿: ちず | 2009年5月19日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/45049456

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟をもって:

« (A)横浜FM戦 | トップページ | FC東京戦 »