« ホーム開幕 | トップページ | 覚悟をもって »

2009年3月22日 (日)

(A)横浜FM戦

こんだけ長い間柏を見ていると、たまに他チームの監督にアドバイスしてみたくなる。

「柏には、巻よりも工藤や新居の方が有効ですよ」とか。
「林丈統はできるだけ長い時間使うべきです」とか。

その中で、今一番最強なのは
「山瀬兄と狩野は基本です」でしょう。
どちらか1人でも精一杯、2人いっぺんに出てこられると相手にできません。


・・・。
ちょっとだけ、本気。



目の前で敵味方合わせて5得点も見てしまうと、もう何がなんだか。。。(汗)
後半の内容を前半からできていれば・・・という監督の言葉はごもっともだけど、
「もったいなかった」という横浜側の言葉は、更に更にごもっとも。
3失点目がどうにも余計だったけれど、逆に言えば、あの1点が横浜側の余裕につながり、付入る隙を与えてくれたとも思う。

その隙に付入ることが出来たのは、それだけの力がある証拠だし、喜ばしいことだけれども。
やっぱりこの試合は、基本的に「横浜のゲーム」であったことの悔しさで語りたい。

とりあえず、1対1のぶつかり合いで負けないように。
前半は、柏のサッカーがどうこうじゃなく、1対1で負けていて勝負にならなかった。
単純な競り合いはもちろん、スピードでも判断の早さでも、球際の激しさでも。
後半になって、そこで勝てる場面が増えてから、クロスが上がりだした。

「ここだけは負けない」「ここを行かせるわけにはいかない」
・・・そういう気持ちが、勝負の基本だと思うのです。

|

« ホーム開幕 | トップページ | 覚悟をもって »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/44431153

この記事へのトラックバック一覧です: (A)横浜FM戦:

« ホーム開幕 | トップページ | 覚悟をもって »