« 完膚なきまでの・・・ 川崎戦 | トップページ | 強豪のDNA・横浜戦 »

2008年10月 5日 (日)

予想を超えて・大宮戦

この試合は遅れて行っておりまして。
スタに向かう電車の中で、仲間と展開を予想しながら「あんまり予想外のことはできないチームだからね・・・」と言っていたことを謝る。 心から謝る。

結局後半からしか見られなかったけど、とにかく最後まで皆が走っていたこと。 前へのパスを送っていたこと。 そしてシュートの意識が高かったこと。 
太田も、これまでは「攻めあがって結局パス」が多かったけど、この日は深い位置からでもシュートを狙っていたし、そうするとアレックスの幅広いカバー力が更に生かされるし、浩太の巧い読みのパスカットも見られたし。

爽快感のあふれるサッカーでした。 何よりも、選手達が生き生きとしていたのが印象的だった。
G大阪戦は未見だけど、川崎に負けてやるべき事が絞られたのが、良い方向に転がった、かな。

 

中断前に一定の形を取り戻せたのは良かったと思う。 迷いがなく中断に入れるのとそうじゃないのは、全然違うでしょう。 迷って見つけたこの1ヶ月半が、中断後の強みになる。

 

巌とキタジがサポに感謝してくれてるけど、確かに、柏サポ凄かったよ。
普通、スタジアムの外にいても、どっちが攻撃してるかは歓声ですぐ分かる。 だけど、この日はスタの周囲を歩いてても全然分からなかったもの。
私はすっかり良いとこ取りだったので。 皆さんに敬意を。

|

« 完膚なきまでの・・・ 川崎戦 | トップページ | 強豪のDNA・横浜戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/42696838

この記事へのトラックバック一覧です: 予想を超えて・大宮戦:

« 完膚なきまでの・・・ 川崎戦 | トップページ | 強豪のDNA・横浜戦 »