« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月29日 (月)

完膚なきまでの・・・ 川崎戦

惨敗でした。
特に前半45分間は、川崎と同じ「フットボール」をやっているのだと言うのもおこがましいほどの質の差があったと思う。

あのぐちゃぐちゃな清水戦から1ヶ月。
相も変わらず攻撃でも守備でも人が足りない。
気持ちは感じてる。 でも、人を見ないでボールに集まってしまう。 フリーでスペース使われる。
連携がないから、パスがずれる。 出し手と受け手の呼吸が合わないから、無理な体勢で何とかつないでいくパスになる。 トラップを見終えた後で動き出す。 そこにスピードは出ない。

やればできる・・・って姿勢でここまで来てしまったと思う。
でも、じゃあ、何を「やる」のか。
そのコンセンサスを詰めないまま、この1ヶ月を過ごしてしまっていることが、残念で悔しくてたまりません。

 

 

私が一番好きな石さんの言葉。
昨年のナビスコ杯予選最後の試合。 日立台での横浜FM戦。
「走って、走れなくなったら交代すれば良い。 そのために控えの7人がいるんだ」
後先考えずこの試合に賭ける、チーム全員でこの試合を獲るんだっていう意気込みがすごく好きだった。

この試合。 明らかに負けているこの試合で、使った交代枠、1名。
まずは走るんじゃなかったのか、サブも含めた全員で戦うんじゃなかったのか、これがチームとして精一杯の戦う態勢だったのか。
あの時と今では違うならば、何が違うのか。

試合中、ずーっと、あの言葉が頭から離れなかったんですよ、石さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

一歩一歩なことは分かっているが・鹿島戦

やっぱりこのチームはボランチありきだよな、と感じた試合。 
巌が完全復活。 前節はフル出場したものの、試合勘が鈍っているのか中盤を漂っているようなところがあったけど、この試合では「カチッ」とはまる音が聞こえるような要所要所の締め方。 栗澤はこまめに動いて足りない部分を補ってくれる。この2人の相性がとても良さそうなのが、大きな希望。

久しぶりの先制弾は、これまた久しぶりの流れるようなプレーからの得点で、キレイだったなー。

 

だけど、サッカーは90分間を戦い、90分後に結果を出すもの。

失点は、仕方ないです。 あのプレーが仕方ないというより、時間が経つにつれどんどん何もできなくなって、ウチが防いでいたというより、鹿島の精度の悪さに助けられていた。 失点した時間が時間なので悔しいですが、でも、まだまだ勝ちきれる内容じゃあなかったということ。
栗澤が足が攣ったということで、そこで交代カード1枚切らなくちゃいけなくなった事情があるにせよ、交代のメンバー、時間。 もう少し何とかできたんじゃないか。
結果として、シュート5本。 シュート数は必ずしも勝利とは比例しないけれど、今みたいにチームが上手く周っていない時は、シュート本数や決定的場面を増やすことが必要だと思う。 そこのところで、選手もベンチも、策が無かったなぁ、と。 
なんだかね。 もう少し工夫できたんじゃないかと、不完全燃焼なんですよ。

もちろん、良くはなってきた。
危機感とか、「自分がやらなきゃ」という気持ちも見えていた。

だけど、シーズンも残りあと1/3を切って、上位チームは自分たちのスタイルを固めてきている。 連動性を深めてきている。
シーズン序盤なら、がむしゃらに走り通すことが勝利につながっても、それだけじゃ通用しない時期に入ってきていることは、もっともっと考えて欲しいとも思う。

 

-------------------------------------------------------------

「旗がアレックスに当たった」とか書かれていたりしますが。

あれは、「当たった」んじゃない、「当てた」んです。

言葉は正確に使ってくれないと。 事実が伝わりませんから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

軸って何? 新潟戦

「バラバラのような感じ」とは実のコメント。
「守備でも攻撃でも連動していない。共通理解をもってプレーしないと」とはタニのコメント。

その通り。 その通りだ。 
だけどそんなの、この試合が初めてじゃない。 勝てなくなってから、そしてここ1ヶ月くらい顕著に、ずーっと抱えていた問題じゃなかったか!?
その問題を解決するための期間が、この中断期間じゃなかったのか!?

・・・と嘆いていたら、仲間に「きっと中断期間の間にやってたんだよ。 でもできてなかったら、コメントで指摘してるんだよ」と諭されました。

 

そうかもしれない。 確かに、清水戦よりはボールを動かすリズムってもんがあったし(FC東京戦は未見)、あの試合の混乱っぷりに比べたら、だいぶ形になってはいたが。

 

チームの軸って、何だろう?
全員が100%やるとか、全員が走るとか、そんなの軸じゃない。 もっと基本的な、土台の土台だ。
この試合だって、新潟は、いざ攻撃となればスペースに次から次へと選手が走りこみ、プレッシャーも忘れず、いざ守備となれば、しっかり戻って陣形を整えていた。 それくらいの運動量、当たり前ってこと。
ウチの軸って、今でもやっぱりプレスなのか、違うのか。 最近の試合ではプレスのプの字も見えないんですが、それが正しいのか、歪んでいるのか。 見ていて分からないところが、現状の迷走の発端になっている気がするのですが。

 

とりあえず、
対戦する前までは同じ様な位置・同じ様な境遇にいるかと思っていた新潟さんが、蓋を開けてみればずい分遠くを走っていらっしゃったと、最近そんなことが多いなと、友が皆我より偉く見ゆる日よと、そういう気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »