« 上を目指す階段に足をかける・浦和戦 | トップページ | フランサからの贈り物・浦和戦 »

2008年7月29日 (火)

グラつき・京都戦

ガンバ戦以来の観戦。

前半、ゴール裏から見ていて何度も何度も真ん中がぱっくり空いて、何度も何度も気が遠くなった。 後半も、ボールがこぼれたところには、必ず勇人かシジクレイ。
あれじゃあ失点2くらい、当然というか必然というか。 
なのでまぁ、前半のうちに何とか態勢を立て直して踏ん張れたことは良かったと思う。

2点取って勝てないんじゃ、攻撃陣が可哀想だしね。
実際、アレと実とキタジなんて、ほとんど合わせたことないだろうに、良いコンビネーションできてたと思うよ。

とはいえ、やっぱり最後の最後で「何が何でも点を取ってやる」という気迫は感じられない。
ラスト1つ前だったか、タニがボールを持って真ん中に上がっていって、さぁどうする!?ってところで、案の定って感じでサイドに流れてたフランサに出したプレーは、象徴的な、とってもとっても残念なプレーだった。
確かに前線にスペースはなかったかもしれない。 でも、もういつタイムアップの笛が鳴ってもおかしくない時に横にボールを出すこと。 それが本当にゴールに一番近い道なの? この日のフランサは調子が悪く、確かにキープはできるけど、でもこの時間帯に求めているのがキープしてからどうこう、ってプレーなの? 
この先、勝つためには「フランサがいない時にどうするか」じゃない。
「フランサがいる時にフランサ以外の選択肢を選んでいけるか・作っていけるか」だと思う。
 
-------------------------------------------------- 

キタジのゴールはただただ素直に嬉しい。
翌日のメディアには「チャンスを生かせた」的記事や評価が載っていたけど、どうもしっくりこないんだよね。
キタジの日立台でのゴールって、スタメン争いとかエース争いとか、そんなこと超越しているのだ。

実もキレがあったし、
いきなりの出場になった石川も、冷静な対応で試合を落ち着けていたし。

よく考えたら、厳しい試合が続くであろうリーグ2順目に光となって欲しい3人が結果を出してくれていたのでした。

|

« 上を目指す階段に足をかける・浦和戦 | トップページ | フランサからの贈り物・浦和戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/42007900

この記事へのトラックバック一覧です: グラつき・京都戦:

« 上を目指す階段に足をかける・浦和戦 | トップページ | フランサからの贈り物・浦和戦 »