« 怒涛の20分間・神戸戦 | トップページ | もう一歩の気迫・鹿島戦 »

2008年5月13日 (火)

凌ぎ勝ち・FC東京戦

ウチのプレスを受けて後ろへ後ろへ下がっているようで、その実しっかり球を保持して細かい動き出しでスペースを作っていく。 何節か前にTVで見たのとははるかにレベルアップしていたFC東京のサッカーは、MOOVING FOOTBALLってこういうことだとはっきり分かる、質の高いものだった。

 

単純なチーム力を見れば、ウチの方が劣っていた。
だけど喰らいついて喰らいついて、前線から中盤でダメなら最終ラインで、そこでも穴があいたらキーパーでっていう、ウチらしい試合ができたと思う。
完封が3試合連続だといっても、初めて自分たちが主体となって守りきれたと思える試合。

試合開始からずっと上手い動きをしていた赤嶺を途中交代させることができた時、光が見えた気がした(大竹はかなり苦手なタイプだし、近藤は実際に苦手なので、怖さは変わらなかったけどね)

 

タニのゴールはまさに値千金。 その前から太田や実が何度か決定的な形を作りながら足を振り切れずにいたから、良くてスコアレスドローかと覚悟し始めたところ。 目の前で見ながら、まさかあそこでシュートとは思わなかったから、一瞬何だか分からなかった(笑)。 やっぱボールは仲間にパスするんじゃなくてゴールに向かって蹴るもんだ。

 

内容のある試合だったねー、今年一番かもねー、昨年の良い時みたいだったねー、と喜び合いながら、でも、これでようやく昨年の状態に戻っただけだと気付く。 今年は昨年+αのチームを作ろうとしていたのだからして。 
怪我人が戻ってくるなんて、どこのチームでもある話。 ようやくかみ合ってくるのも、ウチのチームだけじゃない。
結果が出たことを素直に喜びつつ、出遅れた事実もしっかり認識して。 ここから、ここから。

|

« 怒涛の20分間・神戸戦 | トップページ | もう一歩の気迫・鹿島戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/41188297

この記事へのトラックバック一覧です: 凌ぎ勝ち・FC東京戦:

« 怒涛の20分間・神戸戦 | トップページ | もう一歩の気迫・鹿島戦 »