« 長い道のり想う・札幌戦 | トップページ | まずは意地から・横浜FM戦 »

2008年4月 7日 (月)

まだまだ長い道のりを想う・新潟戦

決めるべきところで決めていれば・・・というのは、両チーム共通の感想でしょう。
両チームの現在の状況や結果がそのまま表れていた試合でした。
寄せの甘さや簡単にマークをずらされていたこと、雄太のファインセーブ(もう雄太がこれ位できるのは当たり前とは言え、やっぱり神)を考えると、助かったのはウチの方だとも思う。

攻撃にかける人数というか、ゴール前に入ってくる人数はだいぶ増えてきたし、詰めてくる距離もだいぶゴールに近くはなっている。 その辺では意識が上がってきたのかなぁ、とは思いますが・・・。

それでも、どうにももどかしさを感じてしまう。 手詰まりな気がしちゃうんですよ。

札幌戦の感想を繰り返すけど、監督も選手も、もっとシンプルにいって良いんじゃないかと思う。
基本はプレス。 中盤にはボールを捌ける人を。 前線はまずシュートを。 そして、セカンドボールやカットしたボールへの意識を強く。

正直、適材適所な配置ができていないのも、全体の動きにインパクトがない原因じゃないかと思うんですけどねー。。。。

-----------------------------------------------
たっちゃんの存在の大きさを感じた試合でした。
縦横無尽に動き回って相手の第一歩を止めてくれることで、どれだけ助かっていたか。
祐三は、疲れからかキレがなく、立ち上がりはちょっと危なっかしかったけど、よく我慢してプレーしてくれました。
そして、何度も言うけど、雄太は特別に良かったわけじゃありませんから!! いつもこれ位のことはやってくれる男ですから!! 

-----------------------------------------------

開場前、光輝を見かけました。 お帰り、光輝!!

|

« 長い道のり想う・札幌戦 | トップページ | まずは意地から・横浜FM戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/40807768

この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ長い道のりを想う・新潟戦:

« 長い道のり想う・札幌戦 | トップページ | まずは意地から・横浜FM戦 »