« ナビスコ杯 札幌戦 | トップページ | 長い道のり想う・札幌戦 »

2008年3月24日 (月)

ナビスコ杯 千葉戦

前半はホントに良かったと思うのよ。
初登場村上は全く「初」を感じさせない落ち着きとアグレッシブさで危なげなく、忠成は久々に忠成らしくゴール前で力強く勝負し、太田と実は前線への執着心を見せ、何より巌の読みとボール奪取能力は興奮するほど素晴らしかった。

確かに、巌の退場は痛い。 痛すぎる。 キーマンという言葉を超えて、試合を司っていた人だ。 そりゃ影響ないわけがない。

だとしても、ですよ。

ジェフの方が1人少ないはずなのに、全くそうは見えなかったこと。
時間が経つにつれジェフの選手の動きに切れ味と鋭さが加わっていったのに、レイソル側はもたついている印象が大きくなっていったこと。
1対1でつっかけられてボールを失っていたこと。

結局、ウチのサッカーの基本となるべき運動量と、ゴールを目指すシンプルな動きという、肝心要な点で、相手に遅れをとっていたんじゃなかったか。

しかもこれが大分から3試合、ずっと続いているんだから、さすがにちょっとフラストレーションがたまってくる。
特に「ゴールを目指すシンプルな動き」ってヤツがねぇ。 どうにかして「まず自分でシュート」という選択肢を選んでくれないものか。 
とりあえず、スルーとヒールパスは禁止!!!

------------------------------------------------------------
若きディフェンスリーダー祐三、良かったです。 身長差のあるフルゴビッチにも競り負けなかったし、しっかり体も張れていた。 古賀と近藤がいないのは辛いけど、でも祐三がいればって、本気でそう思える。
村上は、最後疲れが出たけど、カバーリング能力には目を見張るものがありました。 クラもウカウカしていられません。

 

コーナーキックを蹴りに行く人が誰もいなくて「え?俺?」って言ってる状況って、チームとしてやっぱりちょっとお粗末だと思う。
個人的には、ぜひ俊太を入れて欲しいです。

|

« ナビスコ杯 札幌戦 | トップページ | 長い道のり想う・札幌戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/40617215

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯 千葉戦:

« ナビスコ杯 札幌戦 | トップページ | 長い道のり想う・札幌戦 »