« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

長い道のり想う・札幌戦

厳しい。
厳しいです。
開幕から5試合。 見るたびに混乱していってる気がします。

第1節で「コンビネーションは今が底」と言ったのは忠成ですが、更に奥底に潜っていってるように見えます。
というか、もっと根本的に、やりたい形とか目指している姿を見失っているような気がします。

バランスが悪いです。 どの場面でもどのポジションでも、人が足りません。
いきおい、後追いになります。 何とかクリアしたボールをマイボールにして繋げられるほどの技術はありません。

ここにきてもまだ、シンプルにシュートに行けません。  記者にまで指摘されているのにはちょっと笑いました。
「だから打て!!」と思っているのは、サポーターだけじゃないんだな。

一番悲しいのは、札幌の選手に「負ける気がしなかった」と言われていることです。
それは、肌で感じる強さや怖さやオーラが無かったということですから。

-------------------------------------------------

今年はナビスコの2試合が裏目に出てしまったと思う。
何でもできるようにしようとして、何もできなくなってしまった。
誰が出ても変わらないようにしようとして、誰が出ても事態を変えられなくなってしまった。

監督も選手も、もっとシンプルで良いんじゃないかと思う。
貪欲に走る。 貪欲にプレス。 貪欲に飛び込む。
それで上手く回りだすほど簡単な状況じゃないことは分かっているけど、
たとえ結果は残せなくても、少なくとも、衝撃は残る。

私みたいな柏バカじゃなくて、たまたまチケットをもらって見に来た人が帰り道に次の試合のチケットを買っている。 そういう試合を。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年3月24日 (月)

ナビスコ杯 千葉戦

前半はホントに良かったと思うのよ。
初登場村上は全く「初」を感じさせない落ち着きとアグレッシブさで危なげなく、忠成は久々に忠成らしくゴール前で力強く勝負し、太田と実は前線への執着心を見せ、何より巌の読みとボール奪取能力は興奮するほど素晴らしかった。

確かに、巌の退場は痛い。 痛すぎる。 キーマンという言葉を超えて、試合を司っていた人だ。 そりゃ影響ないわけがない。

だとしても、ですよ。

ジェフの方が1人少ないはずなのに、全くそうは見えなかったこと。
時間が経つにつれジェフの選手の動きに切れ味と鋭さが加わっていったのに、レイソル側はもたついている印象が大きくなっていったこと。
1対1でつっかけられてボールを失っていたこと。

結局、ウチのサッカーの基本となるべき運動量と、ゴールを目指すシンプルな動きという、肝心要な点で、相手に遅れをとっていたんじゃなかったか。

しかもこれが大分から3試合、ずっと続いているんだから、さすがにちょっとフラストレーションがたまってくる。
特に「ゴールを目指すシンプルな動き」ってヤツがねぇ。 どうにかして「まず自分でシュート」という選択肢を選んでくれないものか。 
とりあえず、スルーとヒールパスは禁止!!!

------------------------------------------------------------
若きディフェンスリーダー祐三、良かったです。 身長差のあるフルゴビッチにも競り負けなかったし、しっかり体も張れていた。 古賀と近藤がいないのは辛いけど、でも祐三がいればって、本気でそう思える。
村上は、最後疲れが出たけど、カバーリング能力には目を見張るものがありました。 クラもウカウカしていられません。

 

コーナーキックを蹴りに行く人が誰もいなくて「え?俺?」って言ってる状況って、チームとしてやっぱりちょっとお粗末だと思う。
個人的には、ぜひ俊太を入れて欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

ナビスコ杯 札幌戦

あぁ~ もうあと15分で明日で、明日になれば第2戦。
今更どうよと思いつつ、一応、試合直後に書いていたので、アップしておきます。

---------------------------------------------------------

試合開始前のゴール裏は「優勝するぞぉ!」と気勢をあげたし、周りの仲間たちとも「いい加減決勝リーグに行きたいよね」って話をしてる。
でも、どんなにサポがその気でいても、現場が本気になってくれなきゃどうしようもないんだよねっていう、もどかしい気持ちを抱えながら見ていた。
もちろん、怪我人続出でメンバー組めないっていう事情はあるだろうけど。
でも正直、そのおかげで結果的に実がスタメンで古賀と巌がサブにいてくれたのかも、と思うし。
 
とりあえず、前半はまるでゲームになっていなかった。
サボってるとかダレているとかじゃなく、一生懸命やっているのは分かるしみんな頑張っているとも思うけど、あれは単なる「サッカー」だ。 お金を出して見せるプロのゲームでは、全くなかった。
後半、巌が入って、途端に試合に動き出した。 試合に色がついた。 巌の存在の大きさをまざまざと感じたよ。 
 
ベストメンバーでやれなんて言う気持ちはさらさらないけど、チームとしてどこを目指すのかってことははっきりして欲しい。 
昨年は、「チームの底上げするんだよ、結果決勝リーグにいけなくても仕方ないって気持ちはできてるんだよ」ってことで、サポも含めたチーム全体共通意識があったと思う。
今年はどうなの? やっぱり底上げ重視、決勝リーグは二の次なの?
「あわよくば決勝リーグ」?? 「最低限決勝リーグ」??


 
近藤が負傷し、古賀が負傷し、祐三までもが・・・で、かなり暗い気持ちにはなっているのですが。
まだ怪我の程度は分からないけど、見ていた限りかなり厳しそうで、深刻なんて言葉じゃ表せないくらい深刻な状況になる可能性も高いし、これでまたナビスコの目標が変わってしまう可能性もあるでしょう。
-------------------------------------------------------

・・・で、ここまで書いて止まっていました。
書いていた時点では、どうゆう気持ちで千葉戦を見に行けば良いのか、ちょっと迷っていたりして。

とりあえず今は、勝試合が見たい!と、ただそれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月19日 (水)

記憶の彼方・大分戦

試合後に飲めや食えやの大宴会をして、帰京する頃には試合の記憶はほとんど無くなっていたのですが。

え~と、忠成とポポが頑張って動いてました。 でも動きすぎちゃって前に人がいないよっっって感じでした。
 
自陣に攻め込まれてクリアしても、DF陣ボランチ陣共に上がってこないんで、大分は競ることもなくボールを取って二次攻撃を開始していました。

こういう試合を見てると、よく聞く「無失点はDFの力だけじゃありません」「点を取れたのはFWの力だけじゃありません」ってコメントの意味がよく分かる。
 
 
だいたい、負けてるのに、ゴール前に飛び込んでくる選手がいないって、そりゃ勝てないわ。 
 

「柏のサッカー」なんてそんな大層なものじゃなく、もっと基本的な部分で「できてなかった」と感じる試合。
時々やってしまうけど、そろそろなくなって欲しいなあと思う。
今年は、そういう部分でのチーム力アップを感じたいなあと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月11日 (火)

開幕勝利は千の力・磐田戦

「開幕日立台」という祭りを賑やかに和やかに楽しめた一日。
皆が自分の役割を心得ていて、この場・この時を盛り上げよう・・・っていう、熱い中にもどこか互いを見遣る穏やかさがあって、磐田さんの方はその役割に嵌められちゃった感じかな。

浮かれるよりも、いつまでもホコホコと暖かい、そういう勝利。

でもこれは祭りなのだからして、もうこれで大丈夫とか今年もいけるぞ!ってのは、また別のお話。 メディアからの高評価なご祝儀も終わって、次からが本当の始まりっていう気がする。
 

それにしても、ここんとこあまり組んでいない古賀+祐三のコンビであれだけできてしまうんだからお見事。
巌の鋭い動きもお見事。
対面が代表であることを感じさせなった(途中まで気づいていなかった私・・・)タニの落ち着きもお見事。
太田とたっちゃんは、一旦スイッチが入ったら止めるのは難しいですね。
そして忠成は、フランサ様の教えと代表経験で、プレーが大人になったなぁ。
 
 
選んだ人文字が「柏バカ一代」で、フロントもそれを許しちゃう。 今年も一心同体であることだけは疑いがありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

TM山形戦

怪我人たちももう問題なさそうだし、全員のプレーを見られて楽しかったけど、結局のところちばぎん時に問題無かったディフェンスが更に安定し、問題だったオフェンスに大した進展が見られなかった一戦。

なんかね、「まず1人でどうにかしてから」って攻撃になってるんだよね。
「まず1人で相手を抜いてから」「まず1人で粘りを見せてから」
でも、1対1ならまだしも、相手が2人・3人と来ている時に、そうそう1人で何とかできるもんじゃない。
そこで中盤から押し上げて中を狙ってくる選手が増えれば可能性が広がってくるんだろうけど・・・。(個人的には、茂原とか杉山とかにその役割を期待してたりするのだが。)
そういうプレーが見えないから、いきおい、どうにか点になりそうなのはミドルシュートばかりになってしまう。
(ミノルとか、大津とか。 たっちゃんの得点は素晴らしかった!!)
もっとペナルティエリアの中で点を取る方法を考えて欲しいなぁ、って感じですね。
 
そんな中、忠成とミノルはさすがにお互い分かり合ってる感じがして、安定感があった。
このコンビをもう少し長く見たかったけど、怪我では致し方ない。 っつーか、どうか大事に至らないでくれ。。。
たっちゃんは、目を見張るほど動きが力強くなった。 後はもう少しシュートを枠内に飛ばせれば、これもう、相当に危険な選手ですよ。 
そして、アレックス。 中盤を動いて、柔らかいパスを出して、アレックスが入ると流れができる気がする。 思ってた以上に、すっごく良い補強なのかも!!!
 
個人個人の動きは良いから不安感はないんだけど、リーグ序盤は相当に厳しい戦いになるだろうな、という想いは変わらず。 アレックスがいない2試合を何とか凌いで、ナビスコで調子を合わせていってくれればってところですかね。
 
------------------------------------------------------------ 
何で悠が15分しか出してもらえないね~ん!と思っていたら、風邪だったのね。
試合後、客席の親族友達と談笑する徹郎・山田を見ながら「俺はどうしよう・・・」とばかりにウロウロしている姿が可愛かった(笑)。 時折見えた山形らしいパス交換に、悠の技術が加われば、今日見た山形とはまた違う姿を見られる気がする。 今シーズン一度は見に行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »