« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月 4日 (火)

磐田戦・・・

見事な惨敗でした。 まるで磐田がピッチを使った壮大な鳥かごをやっているのを見ているようだった。
それでも試合後の選手たちの顔はさっぱりしているというか、「シーズン終了!」感は隠しようもなく、そういう顔をされるとこちらも「1年間お疲れ様」「また来年」と言うしかなく・・・
あ~~でも、シーズンを締めくくる試合だよ? 由紀彦が黄色いユニを着てピッチに立てる最後の試合、柏で待つヒラと靖樹とぐんりょうが同じ気持ちで戦える最後の試合だよ? こういう内容で終わらせてしまったことは、やっぱり残念でならない。

シーズン終盤に入ってつくづく思ったことは、
上位をうかがうチームは、前線からのプレスなんて当たり前のようにやってくるのだということ。 そして運動量もどんどん高まっていって当たり前のように90分間走れる体を作ってくるのだということ。
その中で勝ち星を手にするためには、戦術的な面はもちろんあるんだろうけれど、もっとずっと基本的なこと・・・走ること、動くこと、トラップ、判断力、適応力・・・を上げていかなければならないのだと。
トラップなんて、少しでも足元から離れたらもう、さらわれる。 パスなんて、ボールを持ってパス先を探す間が2秒あったらもう、詰められる。 J1ってやっぱりそういうところ。 その辺の甘さを痛感させられたシーズンでした。

そして、今年より来年の方が厳しいシーズンになりそうだということも。
石さんのことは疑いなく信頼しているけれど、J1上位戦いは石さんにとっても未知の世界。 たぶん石さんの力量が問われる、石さんにとっても勝負の年になる。 「NUMBER」誌上で「常勝チームよりボロボロのチームを立て直すのが好き」と言っていた石さんだけど、柏で常勝チームを作る楽しさに嵌ってくれたらいいな。 そんな石さんを選手・スタッフと一緒に支えていけたらいいな。


皆様、今シーズンも大変お世話になりました。
まだまだサハラで盛り上がりつつ、移籍動向を気にしつつ・・・
来シーズンに向けて(飲みながら)英気を養っていきましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »