« 正直残念・鹿島戦 | トップページ | 磐田戦・・・ »

2007年11月24日 (土)

聖地日立台・甲府戦

危うい試合ではありました。
しっかりした統一意識のもとに長短織り交ぜたパスで仕掛けてくる甲府は、本当に怖かった。 J2時代から将来を見据えて同じ戦いを続けてきたというのなら、それは甲府も同じこと。 むしろ甲府の方に一日の長があったとも思う。

 

そんな試合をどうにかこうにか凌いで、勝ち点3を手に入れることができたことの幸せを思う。

 

日立台が魂を取り戻したとは、昨年から言われたことだけれど、甲府に勝って、J1での最終節を勝利で締めくくれて、去り行く選手たちに心からの感謝を伝えられて・・・やっぱりここまでこなければ本当じゃなかった。

 

レイソルを支えてくれてありがとう。 
レイソルを愛してくれてありがとう。
レイソルでスタートを切ってくれてありがとう。

 

伝わったでしょうか。
あなた達が感じている以上に、私たちはあなた達を愛し、尊敬し、感謝している。
そして、どうかどうかこれだけは忘れないでね。
あなた達と一心同体で苦しい時期を乗り越えてきたことは、これからもずっと私たちの誇りだから。

 

泣いていた祐三、近藤、何かをこらえるような姿を見せていた大谷。。。
こうやって柏の魂がここに宿り、ここで引き継がれていくことを、切に切に祈る。

 

さぁ、来シーズンへつなげていかなければならない試合が、まだあと一試合残っている。

|

« 正直残念・鹿島戦 | トップページ | 磐田戦・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/17175770

この記事へのトラックバック一覧です: 聖地日立台・甲府戦:

« 正直残念・鹿島戦 | トップページ | 磐田戦・・・ »