« TOP3 | トップページ | 上の世界を見に行こう・G大阪戦 »

2007年9月30日 (日)

柏らしさが見えなかった・名古屋戦

パスカットをされる場面が目に付きました。
それは、相手の方が出足が良かったということです。

ボールを後ろに下げたり、横パスでただ回してる場面も目に付きました。
それは、動きが少なくてパスの出しどころがなかったということです。

この日のマッチデーの見所に書かれていた「相手のスナミナを奪えば」という言葉。
ふん、ウチは走り負けないよ、スタミナ勝負じゃあ負けないよ・・・と言えない試合だったことが一番悲しい。

勝ち点45を達成して、ゆるんでいたとは言わないけれど、選手たちは負ける気がしていなかったのかも、と思う。 もちろんそれ自体は悪いことじゃない、自信を持つのはむしろ良いこと、だけど、どんな試合をしても勝てる、わけがない。 相手のシュートがいつも枠外に飛んでくれる、わけもない。 90分間走り回ることを大前提に、ボールに集中し続けて、ボールを前に運ばなければ、勝てないのですよ。

 

個人的には2失点目がすごく残念。 古賀ちゃん退場後を何とか凌ぎ、後半に入ってリズムが出始めた矢先だったのに、ミスがらみで失点。 このシーンだけじゃなく、随所にセカンドボールの処理の甘さが目に付く試合でもありました。 そういうもったいないプレーは、TOP3を勝ち取るためは絶対なくさなきゃ。

 

そしてもう一つ。 審判の判定にイライラすのは、そりゃ分かるけど、倒されるたびに「どう!?」という感じで審判を見てないで、プレーを続けて欲しい。 一瞬立ち止まる、その間に、相手は半歩ボールに近づいている。 負けてるチームが半歩でも遅れをとってちゃ追いつけないですよ。 ・・・サポとしても、自戒を込めて。

 

この敗戦が、覚悟を新たにするきっかけになりますように。 

|

« TOP3 | トップページ | 上の世界を見に行こう・G大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/16624759

この記事へのトラックバック一覧です: 柏らしさが見えなかった・名古屋戦:

« TOP3 | トップページ | 上の世界を見に行こう・G大阪戦 »