« 日本対サウジアラビア | トップページ | 夏祭りとオカと後半戦と »

2007年7月30日 (月)

日本対韓国

後半からしか見られなかったんだけど、

TVに映し出される選手たちの顔が、目が、どこか焦点定まっていない気がした。
決勝に行けなかったショックと悔しさをまだ引きずっていて、でも何とかこの試合に集中しなくちゃと焦っていて、で、結局集中できていない感じ。
そんなだから、簡単なパスミスや精度の無いパスが散見される。
だからね、「最後は気持ち」じゃなくて、「最初は気持ち」なんだよ。
韓国の方が勝ちたい気持ちが強かったとか、そ~~~んなことじゃなくって、「心技体」のコンディションを整えなければ、韓国のような強豪に勝つのは難しいということ。

 

残念ながら4位という結果と、次回のシード無しという状況ができてしまいましたが、
それでも監督がやりたい戦術を具体的に話していて、選手もそれに沿った動きが出来てきている。 ドイツでのあの状況から1年だってことを考えれば、順調なステップを踏んでいることに変わりはないでしょう。
2010年W杯の時には、たぶん今のメンバーの半分が入れ替わっている。 というか、それくらいの新戦力が出てこなきゃ底上げにならない。 そうした新しいメンバーに課題や戦術を伝えていくのは、もちろん監督の仕事だけれど、それまでチームにいた選手の仕事でもある。 ドイツW杯チームはそこのところが全くできなくて、結果、毎回新しいチームを作っている状況で本番を迎えてしまった。 勝つことに意義があるのは当たり前だけど、負けてしまったからには、この課題をどう克服していくか。 これからが、真に監督の腕の見せ所でしょう。
期待は十分に出来ると思っています。

|

« 日本対サウジアラビア | トップページ | 夏祭りとオカと後半戦と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/15943435

この記事へのトラックバック一覧です: 日本対韓国:

« 日本対サウジアラビア | トップページ | 夏祭りとオカと後半戦と »