« 自滅の匂い・・・大宮戦 | トップページ | 谷澤降臨・横浜FC戦 »

2007年6月21日 (木)

それでもプレス・鹿島戦

嬉しかったのは、10人になった後も柏がプレスにトライし続けたこと。
さすがに前線から追いかけ回すのは無理でも、相手にハーフラインを越されたらしっかり追いかけに行っていた。
ただでさえ人数が少ないのに、2人3人でプレスにいけば、そりゃあ鹿島の選手は余る。 そりゃあマークも外されるし、ミドルレンジからシュートを打たれもする。
それを承知でプレスをかけて、抜かれても何とか体を寄せて、コースを切って、戦っていた。
鹿島みたいに「サッカー巧者」揃いのチームと比べると、ウチの選手たちはまだまだ、どう見たって不器用だ。
でも、どんな状況でも、自分たちができること・やるべきことをひたすらにやり続ける姿勢は、絶対に絶対に将来につながっていくはず。
 
 
だから、残念なのは最後の失点よりも、前半、攻めの形を作っていながらシュートで終われないことが何度もあったこと。
それも、相手に阻まれたというよりも、自分たちがあと一歩踏み込めなかったり、手間をかけすぎてシュートに持ち込めなかったこと。
そんなに大事に大事にいかなくていいから。 ボールなんてゴールに向かってドンドン蹴っちゃえ!って、そういう気持ちだ。
 
 
鹿島の「入ってもおかしくない」シュートが何本も外れた時は、やっぱり日立台には神がいるかと思ったけど、日立台だから絶対負けない、わけじゃない。 当たり前だけど、しっかり走って、シュートを打って、攻めきらなきゃ勝てないのだよ。

 

サッカーの悔しさはサッカーでしか晴らせない。
きっとこの試合での想いをぶつけてくれると、三ツ沢を楽しみにしている。

|

« 自滅の匂い・・・大宮戦 | トップページ | 谷澤降臨・横浜FC戦 »

コメント

そうそう、どんどん打たなくちゃ!
相手よりたくさんのシュート、相手よりたくさんのゴール。

そして相手よりたくさんの笑顔をみんなで!

三ツ沢で会いましょう!!

投稿: katsu | 2007年6月22日 (金) 12時11分

>katsuさん
 ですよねー!! 何より打たなきゃ点は入らないわけですし!!
 攻撃は最大の防御なり。三ツ沢ではガンガン飛ばして欲しいです。
 お会いできるのを楽しみにしてます!
 

投稿: ちず | 2007年6月23日 (土) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/15514349

この記事へのトラックバック一覧です: それでもプレス・鹿島戦:

« 自滅の匂い・・・大宮戦 | トップページ | 谷澤降臨・横浜FC戦 »