« 永井が俊太になった日・大分戦 | トップページ | 幸せな一戦・ナビ杯横浜FM戦 »

2007年5月20日 (日)

我らチャレンジャーだよね?・G大阪戦

どう見てもチームレベルはG大阪の方が上だった。 ドンと構えてこっちの出方を見て、「はいはい、そうくるのね。 じゃあこうしましょう」って対処されてた感じ。 余裕のあるチームじゃなきゃできない戦い方だ。

終始、G大阪の手の上でクルクル回されていた気がする。
でもさ、その手の中から飛び出そうとする気概を見せらたのかな?

特に最後10分間の戦い方は非常に欲求不満が募る。 1点リードされていて古賀がパワープレーに入っていて、って状況で、ただ横パスつなげててどうするよ?
何も二川みたいな絶妙シュートをしろと言ってるんじゃない。 ただ「どんな形でも」っていう泥臭さが見たいだけ。 シュートを打たないで点が入るなんて、そんな奇跡あるわけないんだから。

挑戦者って、J1の中で勝ち点いくつ取れるかとか、何位になれるかとか、そんなことじゃない。
1つ1つのプレーでどれだけ自分の最大限のパフォーマンスを見せられるか、リスクがあっても挑んでいけるか、だと思う。 

勝ち負けはそれからだ。

|

« 永井が俊太になった日・大分戦 | トップページ | 幸せな一戦・ナビ杯横浜FM戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/15144327

この記事へのトラックバック一覧です: 我らチャレンジャーだよね?・G大阪戦:

« 永井が俊太になった日・大分戦 | トップページ | 幸せな一戦・ナビ杯横浜FM戦 »