« しつこくしつこく・FC東京戦 | トップページ | 能力差の壁・横浜FM戦 »

2007年4月 5日 (木)

狙い通りの課題を得た・ナビ杯大宮戦

思いもかけず話題になってしまったこの一戦。
メンバー変わってもプレッシングサッカーは健在で、もうノブリンの戦術はかなりのレベルで浸透していると言っていいと思う。
で、問題はその上にどう個人の能力や特徴を表していくか、ということなんけど・・・まぁ、さすがにそこまでは、まだまだ、ね。
トップのドゥンビアに当てて、という指示があったのかもしれないけど、さすがに今のドゥンビアのポストプレーで打開していくには無理がある。 それよりも、せっかく由紀彦や俊太という司令塔らしいプレーができる選手がいるのだから、もっと2人でボールを捌いて、ドゥンビアや阿部ちゃん、亮や石川を走らせても良かったと思う。 ドゥンビアは前を向いて仕掛けるとかなりの確立でチャンスになるからなぁ。 阿部ちゃんも、もっと勝負していいんだよ。

この試合、良いなと思ったのは俊太のプレー。 まずボールを前に運ぶことを選択する。 安易にディフェンスラインにボールを返すことをしないんだよね。 そういうのはとても好みで。

嵩、祝デビュー。 アピールポイントの追い抜いていくプレーは見られなかったけれど、勘所を抑えたディフェンスはなかなかのものでした。

そして由紀彦・ヒラの復活! 2人とも怪我の影響を感じさせなかったことが喜ばしい。
ディフェンス2人に囲まれても普通にセンタリングあげるヒラの姿に大喜びしていたことは言うまでもありません。

1点くらいは取りたかったけどね・・・
でも、最初に書いたとおり、4月頭のこの時期に、ノブリンの戦術がこれだけ浸透していればノープロブレム。
少なくとも、靴用のカイロを持っていこうかと思いついたのに「でももう4月だし・・・」なんて考えてしまった私の浅はかさに比べれば、全然たいした問題じゃない。

さぁ、いよいよ横浜戦。 今度こそ雨も降らず気温も普通にあがりますように! 

|

« しつこくしつこく・FC東京戦 | トップページ | 能力差の壁・横浜FM戦 »

コメント

おひさしぶりのカキコ?

ドンヴェの使い方。実に興味ある。
彼は足元がいいのかスペースがいいのか。

足元なら1vs1で勝負もできる。
スペースならぶっちぎる。

うちはスルーパスをだせる選手っていないね・・。

カイシャの後輩をちばぎんに連れてってはじめて
ドンビアをみたとき、昔の岡野みたいな選手ですね。と言われて笑ったw

フランサとドンビェのリンクってあるのか?w

リズムが違う気がするけど、もし、噛み合ったら
Jでも脅威になりそうv

投稿: みらい | 2007年4月 8日 (日) 21時49分

>みらいさん
 ドンベ…今はスペースかな。囲まれるとまだまだ弱いので、とにかく前向いて走らせたい。
 フランサキープ→ドンベが走りこむ→フランサの魔法パス…なんてできるようになったら、相当に面白いと思う!!

投稿: ちず | 2007年4月 8日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/14572970

この記事へのトラックバック一覧です: 狙い通りの課題を得た・ナビ杯大宮戦:

« しつこくしつこく・FC東京戦 | トップページ | 能力差の壁・横浜FM戦 »