« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

家族

由紀彦、完全移籍!!
これで名実ともに「俺たちのユキヒコ」
・・・って言葉はなんか悔しいから(笑)、「俺たちのユッキー」!!

そして、契約更改選手も発表。
ほぼ、サイン済ってことですね。 今年は大丈夫だろうな、と思ってはいたけど、一度草刈場を経験した身としては、実際に選手名が書かれてあるのを見るとホッとする。 穏やかにストーブリーグを過ごせるって幸せ・・・。

 

 

先日、古い雑誌をパラパラと見ていたら「個人を中心に特別な親密さで結ばれた人たちがその人にとっての家族」という言葉が出てきた。
ストン、と胸に落ちたのは、今年、私に黄色い家族がいっぱいできたから。
ホントにホントに数え切れないくらいの人たちと出会ったこの一年。 楽しく濃密な時を共有させてもらってありがとう。 
すべての黄色い家族たちに、感謝と敬意を込めて。

来年も良い年になりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月27日 (水)

阿部ちゃん違い

ようやく二人目の新人キター!!
オフィシャルのお知らせや本人のコメント見るに、柏が長年求めてやまない、なのになかなか得られない、「主に攻撃なボランチ」ってことで期待してよろしいでしょうか!? というか、「後ろからの攻撃参加」という本人アピールに、もうすっかり期待しちゃってますけど。

そして、落合の移籍先決定。
中村&谷口という強力ライバルはいるものの、ACLだの代表だので、必ずチャンスはくる。 オチの飛躍につながる移籍だと思います。 なんとなくだけど、チームカラーもオチに合っている気がする。 本当に良かった。
相手にガツンとぶつかっていくプレースタイルは見ていて好ましい。 もう少し相手とのポジショニングの駆け引きができるようになれば、もっともっと大きくなれるでしょう。
第3クールの三ツ沢、負け試合の後先頭きって真っ直ぐサポのところへ歩いてきて、鼓舞する声にうなずいていた力強い顔と、昇格決まった後の穏やかな笑顔を忘れない。 オチも怪我がちだからなぁ、そこだけは気をつけて。 頑張れよー!!  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

今更だけど

やっぱり嬉しいから書いておく。

ミノルーニー凱旋復帰!!

いつ発表かとウズウズしていたのはこっちも同じだよ、横井さん(笑)。
今シーズン、愛媛の試合見るたびに、27番がピカピカ輝いていたもの。
何度でも言うけど、オリンピック代表、中村北斗がダメなら菅沼実、どうよ!!!
(でも実を輝かせてくれたのは愛媛さんのおかげ。 愛媛の皆様、ありがとうございます。 お礼といっては何ですが、ウチで箱買いするみかんは愛媛産にするよう、申し入れておきます。)

・・・とはいえ。
そんなミノルーニーでさえもベンチ入り争い厳しいぞ。
単純に考えたってFWはたっちゃんに忠成にキタジ、フランサにディエゴ(は、話題に出ないけど大丈夫だよね!?)、大久保と長谷川も控えてる。 その上FC東京阿部ちゃんまで狙っているとか。
正直これ以上FWを補強しようとしているとは思わなかったけど・・・。 まぁでも、阿部ちゃんにしろ、実やたっちゃんにしろ「中盤から前」っていうイメージになるのかな。 由紀彦や谷澤、亮や蔵川もウカウカしていられません。
と、ここまで書いてdoceのノブリンインタビュー読んだら、うん、やっぱり、ウカウカしていられません。

 

 
その他、他チームで気になったところでは。

新居がJ1に来そうだと!!

・・・力量からいえば当然なんだけどね。 そうか、やっぱり来年も対戦してしまうのか。。。(--;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

ディフェンダー・・・

取られた・・・(--;)

いや、まぁ、完全に私の頭の中でだけの話なんですけど。
羽田移籍希望と聞いた時から、ウチのCB補強にイチオシだったんで。

そうかぁ、羽田も無いか。。。 となると・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

移籍動向の件

シミケン完全移籍は、まぁ、やっぱりな、というところでしょう。 今期さんざん見せつけてくれた安定感あふれるセービングは捨て難いけど、逆にサブに置いておくのももったいないといえばもったいない。 何よりあれだけ山形の皆さんに頼られ、愛されているならば、送り出すこちらとしても本望というもの。 「来年は柏と対戦しないのでホッとする」のコメントには、柏のこと考えててくれたのね、とちょっと嬉しかったよ。

レンタルの諸選手は、柏から公式リリース出ないってのはねぇ・・・あちらこちら回って自ら情報集めろってことかぁ~?家族の割に冷たいぞ・・・と思ったけど、完全移籍してきちゃえばいいんだよね! そしたら柏から出るんだよね!
・・・まだ何にも出ませんが。 佐川の大久保選手すら出ませんが。 毎年のコトながら、柏ってちょっと発表遅い気がする。 あんまりやきもきさせんといて下さい(>_<)

田ノ上も無事行き先が決まり、しかも仙台なら昇格争い確実で新たな闘志も沸くというものでしょう。 良かった、良かった。

今週一番「おおっ!」と思ったのは、将太と原竜太の湘南移籍。
将太はもちろん・・・原竜太も好きな選手なので。 山形を契約満了になって「やれば出来る子なのに、もったいない。 どこか良いチームに。 密かに柏でも可」とか思っていたので。
将太と竜太。 柏的には対戦すると嫌な2人だ。 良かった、来年は対戦無くって。
湘南は好感のもてるサッカーするチームだし、何より望さんがいる!! 望さんと一緒のチームにいることは、特に若い選手にとってはそれだけで財産だよ! 望さんについていけ! そしてぜひ2人揃って走りまくって欲しい。

・・・そういえば。
今週始めにも発表とか言ってたトリコロールさんちの監督、まだ発表になりませんねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

積み上げてきたもの

勝たなければ始まらない試合を向かえて、思い出すのは・・・・。 思い出すのは・・・?
何も思い出さないや。
これまでも同じように首の皮一枚の状況はあったけど、でもやっぱりどこか違う。 今年のチームは今年のメンバーで作り上げてきたものだもん。
そう思って平塚へ向かった朝。
青空に大きな銀杏の木が黄金に燃える下で、出迎えてくれたのは仲間たちの穏やかな笑顔。
それは私の周りだけじゃなく、続々集まる柏サポ全員が穏やかで、なんかいい雰囲気だなって思ってた。
今なら分かる。 私たちは「覚悟」決まっていたんだよ、石さん。

アップの瞬間から予想以上の報道陣に囲まれて、大丈夫かなぁって思ってたら、やっぱり前半30分頃まではリズムを作れない、作れない。 危機一髪の状況に何度か気が遠くなったけど、とにかく無失点でいけてたので、ここを乗り切ってくれればと、それだけを願ってた。 まぁ、仙台のリードを知っていたから落ち着いていられたのもあったのだけど・・・。
後半。 徐々にペースを引き寄せる。 追加点で2点差。 その瞬間、「ここからだ」って想いが、間違いなくピッチとスタンドでシンクロした。 
さらに追加点。 仙台も追加点。
も~う、ここからが長かった。 試合のペースは完全に握っていたし選手たちも気持ちよさそうにプレーしていたから大丈夫だとは思ったけど、サッカーは・・・っていうかウチのチームは何が起こるか分からないし、ここまできて万が一のことがあったら死ぬよ!とか思って。
帯同選手たちがピッチ脇に出てきて、ロスライムも含めてあと5分。 私もようやく安心、確信。 紙テープの芯抜きに取りかかる。
ホイッスルの瞬間、どうなるんだろう。 やっぱり選手全員でピッチに駆け出していって・・・なんてワクワクする余裕も生まれたんだけど、実際には、ホイッスル鳴ったか鳴らないかの瞬間にベンチコートを脱ぐオカ、昇格を確信して沸きあがるスタンド、状況が分からないピッチ上の選手たち、あちらが終わらないからまだ喜べないその他の選手・スタッフ・・・って感じで、喜びのタイミングがずれてしまった。 ちょっと残念。
でも、ベテランも若手も生え抜きも途中加入も、選手みんなで泣きながら抱き合ってるのを見たら、そんなのどうでもいいことだね。

この逆転自動昇格を奇跡とか言う? 
昨年の最終節&入替戦と比べてみればいい。 メンバー次第でサッカーが変わり、最後の最後まで何をしたいか分かっていなかった、あの試合を。
耐えて、苦しんで、積み上げてきたものが確かにあるからこそ、今この位置にいる。
確かに今の「まま」では、J1で戦うには苦しいかもしれない。 何せ2点差リードしたら危機感高まるようなチームだ、偉そうなことは言えない。
でも今年、私たちは「チームを作っていく力」を培った。 選手もスタッフもサポも、「チームの為に」を考え続けてここまできた。 この力があれば、これからの困難も打開していける気がする。 

また「J1チームのサポ」にしてくれてありがとう。
胸を張って帰ろう。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »