« 横浜FC戦 | トップページ | 行って良かった・・・天皇杯vs磐田戦 »

2006年11月 3日 (金)

当事者であること

ナビスコ杯の決勝を見ながら、「当事者であることの幸せ」を思い出していた。
レイソルを応援し始めた時からずっとずっと、優勝争いをするチームのサポーターが羨ましかった。 楽しそうで嬉しそうで。 
それが'99ナビスコ杯で、そして、'00の最終節で。 全サッカーファンが注目する大一番を、レイソルが演じた。 結果云々以前に、当事者として応援できることが嬉しくて嬉しくて、その試合までの一週間が幸せだった。
今日のナビスコ杯。 点が決まった瞬間の喜びようは、テレビで見ていてもいつもとは重みが違ったね。 あれが決勝戦だよね。
ナビスコ杯と比べると、レベルも規模も小さい話かもしれないけど、でも、レイソルも今、大一番真っ最中だ。
長いシーズンこなすうちに、当事者でいられることの幸せを忘れてたかもしれないなぁ、私。
いやまぁ、2回の入替戦も注目度大の当事者であったワケだけど。 でも、上を見るのと下を見て悲壮感漂わすのとじゃ緊張感の中にある楽しみが全然違う。
当事者であることの幸せを胸に。 楽しんで応援していこう。

|

« 横浜FC戦 | トップページ | 行って良かった・・・天皇杯vs磐田戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/12540145

この記事へのトラックバック一覧です: 当事者であること:

« 横浜FC戦 | トップページ | 行って良かった・・・天皇杯vs磐田戦 »