« タフネスだったことに間違いはない・山形戦 | トップページ | こんな試合もあるさ・鳥栖戦 »

2006年8月10日 (木)

日本vsトリニダード・トバゴ

TV観戦。
「監督はこういう動きを求めているのだろう」という共通認識---それがあるだけで、選手の動きが大胆になってチームに流動性が出てくるんだなぁって、アレックス見てて思ったよ。 まぁ、昨年と今年のレイソルを見てても分かることだけどね。 オシム監督の言ってることとノブリンの言ってること、基本的には同じだよね。 ノブリンの方が分かりやすく砕いて言ってくれてるだけで。

若い選手たちが、何とか監督の意を汲んだ動きをしようとしていたこと、求められているのは結果とか何とかそんな単純なものじゃないことが分かっていること、が見て取れたので、良かったです。
ベンチで真剣な顔をしてオシム監督の言葉に聞き入ってた反町氏が印象的。 これからの4年間、底上げが期待できそうですよ!

にしても。 解説って、何とかならないものでしょか。 けなすことが批評と思ってるのもどうかと思うけど、だからってジーコ戦術もオシム戦術も同様に褒めまくるってのも、節操がないというか、頭悪そうに見えるというか。 ジーコ体制の総括をする責任は、TV解説者にも全く無いわけではなかろうに。 解説者抜きでアナウンサーだけの放送、やってくれないかな。 

|

« タフネスだったことに間違いはない・山形戦 | トップページ | こんな試合もあるさ・鳥栖戦 »

コメント

こんにちは。
なんだか柏VS山形みたいな前半でしたね(笑)。後半はやはり・・・60分までかなって感じです。(これも同じ?)代表にとどまらず底上げはやはりJリーグですから各チームでより高くを目指してトレーニングしなくては。
モデルプランというかお手本が柏になるようにしたいところです。
昨年のグダグダチームがシーズン終盤にどうなってるか(ってもうだいぶ変わったが)楽しみです!

あっ、代表も今年は応援しますよ(笑)。

投稿: katsu | 2006年8月11日 (金) 12時27分

>katsuさん
 昨年からずっとそうなんですけど、代表と柏がかぶっちゃってかぶっちゃって・・・で、この試合もそうでしたね(笑)。
 でも、今は陽性にかぶってるので楽しみです。久しぶりに本気で代表を応援できるようになってきた・・・(笑)。ノブリンも言ってたけど、走るのキツイキツイって言ったって、代表ではもっと走んなきゃダメなんだから。来年J1に昇格した暁にはオシムに「待っていた」と言われるチームになりたいですね。 

投稿: ちず | 2006年8月12日 (土) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/11377629

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsトリニダード・トバゴ:

« タフネスだったことに間違いはない・山形戦 | トップページ | こんな試合もあるさ・鳥栖戦 »