« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月28日 (月)

一つずつ勝っていく・愛媛戦

選手たちの苦悩がヒシヒシと伝わってくる、苦しい試合だった。
このままじゃいけないことは分かってる。 何とかしようという意識もある。 でも、意識だけで劇的にチーム状態が良くなるほど、簡単に解決できるモンじゃない。

前半8分。 キタジがポストになって右サイドの谷澤にはたくものの、ほんの一瞬出足が遅れた谷澤が追いつけない。
こういうところだよね。 例えばここでキタジが出すものと信じて疑わず走りこめるあ・うんの呼吸があるかどうか。 こういうところを掴めれば、攻守のリズムが良くなっていくのだと思う。 
  

大丈夫だから、大丈夫だから、落ち着いて、考えすぎるな、シンプルに、とりあえず目の前のボールに集中して、と、祈るような気持ちで応援していた。

そんな中、勝ち点3に加えて得失点+2も掴み取った選手たちに対して、私は「内容が悪い」なんて文句を言う気にはなれない。 ブラジル人選手のおかげって言ったって、何も二人だけで自陣ゴール前から相手ゴールまで攻めてたわけじゃあるまいし。 だいたい、ブラジル人だろうが日本人だろうが、我らが柏の選手なんだし。

どんな内容だろうと、結局最後に勝っちゃうのが強いチームってことだと思う。 そしてそれはこうした試合をモノにしていくことで作られていくのだと思う。

先制後は途端に安定した動きを見せて、同点にされたら途端に動揺を見せるという、お人よしなほど分かりやすい素直なチームだけど。
心から「課題が多い」って言ってるんだってことは確信できる、愛すべき純粋さをもった素直なチームだから。

少~し先が見えてきたこの時期に、選手たちが「勝ち点25まであと3勝」と必死に自分に言い聞かせて余計なことを考えないようにしているのなら、私も自分に同じことを言い聞かせよう。

ところで。
うかつにも愛媛サポのブログを読んでて知ったんだけど、ミノルーニーもU-21に入れるのね!
対愛媛戦は3試合とも生観戦で、毎試合27番のキレの良さには感服。 今すぐ返してもらってウチの右サイドに放り込みたいくらい。 ぜひぜひ北京を見据えて、目標を高くもって。 頑張れ、実!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月23日 (水)

試練・・・東京V戦

内容的には水戸戦より断然良かったと思うのは嘘偽りない感想。 だけれども4失点ですよ。 なんだかな、やっぱりバランスが悪いのかなぁ。 やたらにフリーでシュート打たれてるもんね。 立て続けに2失点喰らって慎重になったというか腰がひけたというか。 あそこで反発して前に出ていく負けん気が欲しい。

水戸ちゃんに「みんなブラジル人しか見ていない」と言われたけど、それだけの力を持った選手たちなんだから、まずリカやディエゴにボール預けるのは悪くないと思う。 問題はそこから。 忠成やサイドの選手までブラジル人に倣って足元でボール受けなくてもいいんだよ。 動こう。 スペースを作ろう。 そして、最後はシュートで終わろう。 シュートの意識付けと、シュートが流れてきたところに詰めておく意識付けをして欲しいです>ノブリン。 詰めている選手がいればって場面が、この日も何回あったことか。 
ついでに言えば、リスタートのプレーももうちょっと考えて欲しい。 せっかくファウルもらったのに安易に始めちゃったりただ後ろに下げちゃったり。 スローインも下手だし。 みすみすマイボールを失ってんのはもったいないよね。 

フランサが代表する美技と、キタジ&たっちゃんが代表する泥臭さがなかなか同居しないのが今のチームの弱いところ。 全体でボールを追い回してプレッシャーをかければ絶対に相手のパスはぶれてリズムが狂うし(ってこともこの日証明されたし)、その中でフランサの異空間が出現すればホントに楽しいサッカーができるのに・・・歯痒い。

でも、いつかはそういうサッカーができると信じてる。 ノブリンを、スタッフを、チーム全体を信じてる。 シーズン前は「第3クールでチームスタイルが確立できれば・・・」と思っていたけど、この敗戦でそれはあきらめた。 第4クールまで、最後の最後までかかるでしょう。 それでも信じてる。 選手たちはさらに強く信じてるよね?

顔を上げていこう。 恐れること無かれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

走れ走れ・・・柏! 水戸戦

試合前にコアサポが掲げた「本当の戦いはここからだ。柏のサッカーを貫け」って、いい弾幕だね。
「柏のサッカーを貫け」・・・私も最近の試合を見ながらうっすら同じことを思っていて。
J2仕様のカウンター攻撃じゃなく、あくまでもパスをつないでゴールを取りたいというなら、それで良し。
だったら、徹底的に、最後まで、全員で、それを押し通せ。 その結果、万が一昇格を逃しても、目指すサッカーをやり遂げたのなら文句は言わない。 見届けるから、やり通せ・・・。
まぁ、コアサポがそういう意図で書いたかどうかは分かんないけど(たぶん違う気もするけど)、ね。

で、90分のうち65分はそんな「柏のサッカー」がどこにあるか分からず、これで負けたら私的には鳥栖戦の大敗より頭にくる試合ではありましたが。
ゴール前での集中力とクリアの意識が徹底していたからこその完封だし、ハーフタイムに修正ができるのも、「個」の力もそれを活かすことができるのもチーム力だよ、とは言いたい。

試合後、一瞬「レッツゴー柏やんないの?」と思ったほど、重たい雰囲気を漂わせていた選手たち。
「これじゃいけない」という共通認識が、どうか一歩前へ飛び出す気力になりますように。
恐れること無かれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

こんな試合もあるさ・鳥栖戦

この日は柏の日じゃなかったと。 振ったサイコロの目が全部鳥栖側に出ちゃったと。 そんな気がする。
もちろんウチが悪かった点、課題点は多々あるさ。 なんたって5失点だもの。 特に前半のうちから足が止まったと思われたことはね。 そこはウチの生命線だから、そう思われて相手に更なる勢いを与えてしまったことが一番悔しい。
でも、私の中では足が止まったという感じはなかったな。 祐三が言うように集中の問題と、それに比した反応の問題、という方が分かる気がする。 ボールへの一歩の反応、そこからの判断力ってところとか、ピッチ上で余計なこと考えすぎちゃってる感じとか。

だけど、だけど、それでも、意図のつながりは見えていたし、その形は絶対に間違っていないと思う。
だから、選手たちがこれで萎縮してしまうことが一番怖い。
自信を持ち続けながら課題点を修正できるか。 次からの試合は、これまでに積み上げてきたチームとしての基盤の確かさが試される。

5-1になった時、なんとか1点返してくれないものかと思った。 第1クールの山形戦のように、最後に1点取ることが次につながると思った。 そこで実際に点が入ったことは素直に嬉しい。 しかも祐三が(←これ重要)2本連続してシュートを打って!

これまで散々サポーターを盛りたててくれたオカを、この試合こそサポーターが盛りたてるべきだったのに、それができなかったのが後悔です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

日本vsトリニダード・トバゴ

TV観戦。
「監督はこういう動きを求めているのだろう」という共通認識---それがあるだけで、選手の動きが大胆になってチームに流動性が出てくるんだなぁって、アレックス見てて思ったよ。 まぁ、昨年と今年のレイソルを見てても分かることだけどね。 オシム監督の言ってることとノブリンの言ってること、基本的には同じだよね。 ノブリンの方が分かりやすく砕いて言ってくれてるだけで。

若い選手たちが、何とか監督の意を汲んだ動きをしようとしていたこと、求められているのは結果とか何とかそんな単純なものじゃないことが分かっていること、が見て取れたので、良かったです。
ベンチで真剣な顔をしてオシム監督の言葉に聞き入ってた反町氏が印象的。 これからの4年間、底上げが期待できそうですよ!

にしても。 解説って、何とかならないものでしょか。 けなすことが批評と思ってるのもどうかと思うけど、だからってジーコ戦術もオシム戦術も同様に褒めまくるってのも、節操がないというか、頭悪そうに見えるというか。 ジーコ体制の総括をする責任は、TV解説者にも全く無いわけではなかろうに。 解説者抜きでアナウンサーだけの放送、やってくれないかな。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 7日 (月)

タフネスだったことに間違いはない・山形戦

山形と言えば。
勢いよくドリブルしてくる間にもう一人飛び込んでくるとか、隙をみつけたらミドルとか、しかもそれがことごとく枠に飛んでくるっていう、とにかく的確なプレーで攻め込まれてる記憶ばかりだったんで、今月の「レイソルタイム」でノブリンが「引いて、ボールをラフに扱ってくるチーム」って言ってるのを聞いて「え?そうなんだぁ」って思ってた。
この試合はその辺意識して見ててよく分かった。 確かにそうだった。 何年試合見てきても、所詮私の目は素人だわ。。。

でも今回それがよく分かったっていうのは、ウチがプレスでしっかり対応てきてたってのもあるよね。 さらに山形戦の記憶として「柏の選手が山形の選手の後を追いかけてばかりいる」ってのがあるんだけど、この試合はちゃんと前向いて潰すことができてたもん。 

後半立ち上がりの失点時は、スタンドもハーフタイムの緩い空気が漂ったままだった。 後半の後半、攻め込まれてる時間帯も、スタンドの焦りがどんどんピッチに伝わっていった。 あの時の「集中」コールの切迫感たるや、ものすごかった。 でもそうやってコールすることで、スタンドも集中していったと思う。 改めて、日立台はピッチとスタンドの雰囲気がシンクロすることを実感。 と同時に、反省。 私たちが空気を緩ませて、選手の焦りを増殖させて、どうする。

足が止まった時間帯に、動きを促してくれる選手が1人2人出てくればなぁ、と思う。 ディフェンスラインを引き上げてくれる選手がいればなぁ、と思う。 苦しいのは分かる、よ~く分かる。 でももう一歩、あともう一歩、頑張ろう。 なんだか、乗り越えていくべき道が見えた気がした試合だった。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »