« 夏の始まり・徳島戦 | トップページ | タフネスだったことに間違いはない・山形戦 »

2006年7月31日 (月)

すっきりはしないけど・・・草津戦

「引いている相手をどう攻めるか」というチームとしての問題というよりも、
「どこでクロスを入れるか」「どこでシュートを打つか」という個人の意識の問題、な気がする。

後半はちょっと遠かったからよく分かんないけど、前半は目の前で、ボールをもらう動き・・・前線で動いたり、サイドから中に入ってきたり・・・もあったのよ。 けど、ボールは出てこない。 見えていないのか見えているけど出せないのか・・・後者じゃないかと思うんだよね。 大事にいきたい気持ちとか、むやみに当たってカウンター喰らうのは避けたい気持ちも分かるけど・・・ シュート打たなきゃ自分たちのペースにはできないし、相手も怖くないだろう。 よく言われることだけど、ゴールに一番近い道を選んで欲しい。

あと、この日は巌とタニの反応が鈍く、ディエゴがあっという間にワンマンプレーに走ってしまったのも痛かった。 亮の記憶は無いしな・・・。 忠成もさすがにマークきつくなって、自由にやらせてもらえなくなってきたね。 
ヤザは良かったと思うんだけど、たっちゃんと交代となるとやっぱりあそこのポジションしかないか・・・う~ん、難しい。

ま、でもこれで草津には勝ち越し決定だ。 初の勝ち越しチーム!
同じチームと4回当たるのは難しいって、頭では分かっていても実際にやってみなきゃ分からないこともあるだろうし(サポーターもね・・・^^;) 
草津とはさらにもう一度対戦するわけで、そこできっちり勝って締めればいいんだし(やっぱ長いな、J2・・・)。

とりえあえず私が分かったことは、首位であり今年の降格チームでありJ2では圧倒的戦力を誇る柏相手には、どこも最大限の集中力で最大限のパフォーマンスを仕掛けてくること。 きっとこれからも、暑かろうが連戦だろうが相手の出来は良いと思うよ。
だからもう、相手がどことかホントに関係ない。 自分たちが走れるか、自分たちがミスをしないか、自分たちが前を向けるか。 自分たちが満足いくプレーをできるかどうかだ。 

|

« 夏の始まり・徳島戦 | トップページ | タフネスだったことに間違いはない・山形戦 »

コメント

こんにちは。
ホントそのとおりです。
常に「モチベーションの高い」かつ「柏戦をいい状態で」とのぞんでくる相手ばっかりなんでやっかいですよね…。
だからこその自分との戦い。
我々も共に戦っていきましょう!
ヒラ絵できました。
まだ未公開ですが近日公開します。
ヘタですから笑ってね。

ではまた。

投稿: katsu | 2006年8月 1日 (火) 14時47分

>katsuさん
 「どっちが首位か分からない」っていう試合は今後も続くと思うんです。でもここで課題を一つずつ克服していくければ、シーズン終わる頃には押しも押されぬ首位チームになれるんじゃないかと期待しています。
 最近の柏サポ、ちょっとミスが出ると罵声が飛びがちな気がして、気になっています。共に戦うって、そういうことじゃないですよね!
 ヒラ絵、楽しみにしていますo(^^)o 私には笑っちゃうくらい絵心がないので、描ける人が羨ましい~!!
 

投稿: ちず | 2006年8月 2日 (水) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/11172113

この記事へのトラックバック一覧です: すっきりはしないけど・・・草津戦:

« 夏の始まり・徳島戦 | トップページ | タフネスだったことに間違いはない・山形戦 »