« W杯メンバーのお話 | トップページ | 最低限! 愛媛戦 »

2006年5月18日 (木)

タフ勝! 仙台戦

かなり誉めてもらってますが、そんなに柏が圧倒していた印象は無いんだよね。 まぁ、あんだけナチオされれば当然ボール支配率は高くなるけど、攻撃でいえば状況判断が遅いし、全体がコンパクトに動けてないし、守備でいえば、右サイドはかなりやられてた。 特に後半20分過ぎた辺りからスピードで振り切られる場面が増えて、仙台のパスがあとボール1個分長ければ完全にやられてた、って場面も何度もあった。

でも、この試合の選手たちは、タフだった。 そりゃもう、最初から最後まで一瞬の気も抜かずタフだった。 だから見てるこっちもピッチから目が離せず脇目もふらずに応援し続けた。

後半40分過ぎ、仙台のカウンターを防いで痛んだ岡山にあちらこちらから声援が飛ぶ。 コールじゃなくて、個々人の声で聞こえるそれは、祈りだった。 あと少し、もう少し、頑張って欲しいと。 どうにかして勝って欲しい、勝たせたい、と。 二度三度起き上がろうとして起き上がれず、でも最後には立ち上がった岡山と、緊張感を切らさず攻撃態勢に入った選手達。 その瞬間、選手たちはこの試合、本気で私たちに勝利を見せたがっているんだと確信した。 そしてこの声援が本当に選手の力になっているんだと。 「サポーターに勝利を」って、よく言われる言葉ではあるけど、試合中にそんなの感じたのは久しぶりだったから、感動したよ。 もし仙台が柏を強かったと思ってくれるなら、そうした気持ちが選手達を大きく見せていたんだと思う。

「ライン下げるなー」とか言いつつ、あのブラジル人トリオを押さえるのはやっぱり大変だと思う。 DF陣、お疲れ様、よくやった。 生では初見の鎌田、良かったです。 慌てないし、プレーがはっきりしているのが見てて安心。 日立台、どうよ? 良いでしょ、良いでしょ!? このままずっと居つかない!?

   

|

« W杯メンバーのお話 | トップページ | 最低限! 愛媛戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/10134686

この記事へのトラックバック一覧です: タフ勝! 仙台戦:

« W杯メンバーのお話 | トップページ | 最低限! 愛媛戦 »