« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

練習試合 東京V戦

普段の練習も練習試合もほとんど見に行けないから、初めて見る選手も多かったんだけど、大河原、良かったです。 1本目はスリーバックの右でちょっとやり辛そうだったけど、2本目はセンターバックで、落ち着いてるし、的確なプレーをできる選手だなぁ、という印象。  
ご贔屓柳澤と石舘は、随所に光るプレーを。 ヤナギはやっぱりボランチの方が良いね。
ウノはな~んか体が重そう・・・1歩目が遅い・・・なんて思っていたら、
ラスト10分、突如鋭い切り込み復活。 やっぱりウノはこうでなくっちゃ、というプレーを見せてくれました。
ピント... 噂には聞いていたけど、なるほど... 

昨日みたいな試合をされちゃうと、中盤から前線はベンチ入りすら激戦。 でも、ここにいる選手がベンチ入りできないようじゃレイソルは強くなれないんだよね。 みんな期待できる選手ばかりだったから、頑張れよ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンゴアイスは外せない! 徳島戦

いやいや、試合前からファミリーjoinデイズってことで人工芝に遊びに行って、レイ君ダンスを(遠目に)踊ったり、ユースっ子たちが子供たちと戯れてるのを微笑ましく眺めたり、似顔絵&岡山&蔵川見に行ったり、結局最後は子供たちと真剣に折り紙をする薩さん見つけて「かっこいい!」で終わったり、と日立台満喫気味ではあったんだけど・・・試合はそれ以上!

キックオフ直後から「みんな吹っ切れてるな」って感じがあった。 考えても仕方ない、今やるべきことをやらねば、って雰囲気。 石さんの「集中とは?」って質問の回答を見せてくれてる感じ。 実はこの時点で「いや~、これでまだ平山いるでしょ? キタジいるでしょ? 山下とかも帰ってくるわけだしぃ。。 この先楽しいじゃ~ん!」と思っていたりした。 久々に石さんが目指すサッカーがしっかり展開されているのが見られて、嬉しくて。
まぁ、徳島の拙攻に助けられた場面が2度ほどあったんだけどね。 でも、ウチのチャンスはそれ以上。 なかなかゴールを割れなかったけど、イメージは愛媛戦。 このまま続ければいつかチャンスをモノにできる、絶対勝てる! 前半0-0でも、強気でいられた。 

そしたら、あなた。 愛媛戦どころじゃなくってよ!!

前半から徐々に特殊空間を作り上げていたブラジル人トリオ、大爆発!
リカ、待ってたよ、リカ。 2発ものビューティホーゴールを叩き込むリカ。 スペースを埋めるリカ。 ディエゴのマークもだんだんと緩くなっていくから、のびのびとプレーできるし。 そしてなんと言ってもフランサ、フランサ、フランサ!! フランサがボール持つと何かしてくれそうでワクワクするし、実際に何かを見せてくれる。 魔法の足がそこにあったさ!!

で、この3人の影からW達也が飛び出して絡んでくる。 自信をもってプレーし始めた選手たちは出足も鋭くなるし、判断も早くなる。 そのプレーに日立台が沸き続け、その歓声が明らかに選手達をノセている。
そう、これがホームだ。 ホームの試合だ!!

まだまだ見ていたい、終わらないで~と思ったのは久々ですよ。 勝利の凱旋コールが出たのも嬉しかったよ。
で、私にとって4試合ぶりのレッツゴー柏。 ついにキャプテン雄太が音頭をとるのを見れたのも、また楽し。

おまけに石舘デビューも見ちゃったし!!

勝ち点25。 経験と勝ち点と、両方の収穫があった第一クール。 ここまでがスタートだと思ってる。 レイソルは上々のスタートダッシュを切った。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

成分解析

柏レイソルサポ2006による成分解析
ちずの66%は山根巌への愛で出来ています
ちずの20%は山根巌への感謝で出来ています
ちずの7%は中澤聡太への期待で出来ています
ちずの4%は近藤直也への期待で出来ています
ちずの3%はノブリンへの期待で出来ています

・・・いや、ノブリンへの期待はもっと高い。
にしろ・・・当たってるがな!
巌が2行も出てきて、正直ビビった。

成分分析ON WEBによる成分解析
ちずの75%は夢で出来ています
ちずの11%は株で出来ています
ちずの9%は気の迷いで出来ています
ちずの5%はマイナスイオンで出来ています。

・・・ロクなもんじゃありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

おめでとう!!

札幌戦は、公式速報にて。

岡山負傷の後しばらく、試合結果より岡山の具合の方が気になっていた。
・・・ごめん。 ごめんね、選手のみんな。 誰がいるとかいないとかそういうことじゃなく、今いるメンバーで今のこの試合のことだけ考えて勝ちを取りにいかなきゃいけなかったんだよね。

忠成、初ゴールおめでとう!!
将太、初ゴールおめでとう!!
そして、この最初の試練を乗り越えたサイコーの瞬間を共に味わった現地組の皆様、おめでとう!!

そう、これは一つ目の試練に過ぎない。 長いシーズン、これで苦労は全部終わり、なんてことは有り得ない。 これから先も苦しい時があるでしょう。 でも私たちは、信じて待って、たくましくなっていくことを知った。

今日の午後3時前、携帯だのパソコンだの見て叫んでる人がいたら、それはレイサポ。
今週一週間は浮かれるよ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月20日 (木)

巌コール

ただいま絶賛巌中のかしまし柏娘ですが、
先日の広報日誌に続き、本日の朝日れすか(朝日新聞のタウン情報誌)でも、巌が「そろそろコールを作って欲しい」と!!  しかも「かっこいいコールを作って欲しい」と!!

・・・かっこよくなきゃダメなのねw

どうかここはひとつレイソルサポの総力をあげてかっちょええやつ作ってあげてください。
って、私はセンスまるで無しなので、人任せ・・・ 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

やられました。 山形戦。

前半38分頃。 右サイドでディエゴがボールを持って攻めの形。 「いけ~!」と思ったのもつかの間、谷澤との温いパス交換。 直後、相手にボールが渡り、2失点目に結びつく。
「負けるチームがやりがちなことだよ!!」と思った瞬間。

後半9分頃。 左サイドからクロスが入る。 「よ~し!」と思ったのもつかの間、待ち構える選手たちはゴールに背を向けている。
「これじゃ点が入らないよ!!」と思った瞬間。

前を向いてボールをもらうことを考えろ、とか、1対1で負けるな、とか、カブルな、とか、そもそも陣形バランス悪いでしょー、とか。 まぁね、いろいろあるんだけど、とりあえず、

やらずにすむ先制点をやらないでくださーい!!!
ボールの収まりどころを見極めてから動くんじゃなくて、ボールの動きとともに動き出してくださーい!!!

あ~、巌が2人いればな...



本日、会社にて。 取引先のオジサンの電話を取り次ぐ際「元気ですねぇ。 いいなぁ、元気で」と言われ、本気で「元気じゃねーよ!!」とキレそうになった私。 事情を知らないオジサンは、突然電話の向こうから殺気が伝わってきて驚いただろうけども。

いでも、キタジ(涙)の日記とか、選手コメント読んだら、立ち直ってきましたよ。
特に「チームが壊れるのは簡単なんで」って雄太の言葉に。
そう、私たちはその哀しさと辛さを誰よりも知っているはず。 だからこそ、共にその苦しさを味わった雄太や、その他の選手達とともに、チームを作っていくのだ。
タフネスは、これから、これから。 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

連敗も繰り返さなければそれで良し

え~っと・・・
試合後、皆様のおかげで楽しく酔っ払い、おまけに当ブログをご存知の方もいらっしゃって嬉しくなってしまい、勝手に作った巌ソングが頭から離れず、個人的にはすっかり気持ちが切り替わっています。
一度くらいの連敗が何だ! 悪い経験は今のうちに全部やっておけばいいのだ! 次だ、次!!!

いや、でも、悪くはなかったと思うんですよ。 コンディション的にも良くなっていたし、囲みのプレスにも行っていたし、「負けちゃいけない」「連敗はできない」という志は見えた。 失点(と後半の雄太との1対1)は、防ぐことができたとは思うけど、前節のように立ち上がりの失点で浮つくことはなく、その後落ち着いて押さえることはできていた。

だからやっぱり攻撃面。 勝ってた時に比べて、すごく慎重というか、臆病になっている気がする。 大事にしすぎ。 それが判断の遅さにつながって、相手を守りやすくさせてるんだよね。 シュートが相手の足でブロックされる場面も多かったけど、それも結局、相手に読まれてるんでしょう。 焦る必要はない、けど、勢いのない攻撃は怖くない。 最後の最後の方でがむしゃらに攻めに行ったけど、あれをもっと長い時間出せなければ、崩すことは難しい。 なんか、 「恐れること無かれ」 って大声で叫んでたい気持ちだったよ。

あと、この日は風が強くて、ロングボールが狙った位置に落ちなかったけど、なのにロングボール使いすぎ。 神戸のあっくんがFKやCKの時、ハイボールじゃなくてグラウンダーのボール蹴ってたりしたけど、あれは風の影響を考えてたんじゃないのか。 前節に続き、そういう気象条件を考えたプレーもして欲しい。

連敗。 おかげで、リーグ開幕前の気持ちを思い出しました。 そう、その頃は「1クール目の順位は中頃で構わない」と思っていたのでした。 まだチームは作り始めたばかり、このチームは大器晩成型なのだ、と。
怪我人続出だけど、だからこそ誰でもトップにあがれるチャンスと見て、何よりも、自分たちがやってきたこと・やろうとしてきたことを強く信じて戦って欲しい。 試合後に私が送った拍手には、そういう気持ちを込めました。 メインに挨拶した後わざわざ振り返ってもう一度挨拶してくれた岡山や祐三にはそれが通じたと思う。 

中2日、山形戦。 行きますとも!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

記事2つ

茂原の記事
相手方のお許しが出たら、ってことでしょう。
柏で再起できることを願ってる。 とりあえずトレーニングは欠かすなよ。

ちょっと嬉しい記事
いや、日立台だけで踊っているわけではないんだけど。。
でも、外から見ても「変わった」「楽しそう」と思ってもらえて話題になるのは素直に嬉しいことです。

まだサカマガのジェレミーさんの記事読んでないー。
明日こそ立ち読みに行くぞー。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

レイソル番組2つ

勝った翌日は各メディア検索したり映像検索したりするのが楽しみで、最近では当たり前になっていたから、今日はそれができなくて二次欲求不満。

そんな中、今日から「Risingレイソル」スタート。 ま、予想通り「Can Do」とほとんど変わらなかったワケですが、サトダイ起用の意外性にびっくり。 なんかダメ出し方向のコメントしてましたね。
選手インタビューは岡山。 サポーターへ一言、というお約束の質問に、お約束を超えた一生懸命なコメントしてくれる、やっぱりちょーいい人!!
でも、選手インタビューは、やっぱり「レイソルタイム」の方が上手いな。 私がアッキー好きなだけかもしんないけど。 4/1~放送分をようやく今日見れたんだけど、インタビューに雄太と祐三が登場。 雄太が自然な感じでよくしゃべっていて、いいキャプテンだなぁと思わされました。 もし岡山が試合に出られなかった場合は「キャプテンが音頭をとってレッツゴー柏を踊る」ってことにさせられてた。 岡山のいない試合を考えたくはないけど、率先して踊る雄太はとっても見てみたいぞ(笑)。

そういえば! 今日のサテの試合で忠成がレッド貰ってたけど、これって次のトップの試合にも持ち越されるの!?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完封負け・・・横浜戦

なんだかねぇ。 やる気を感じないとは言わないけど、がむしゃらさを感じない試合だったなぁ。
レイソルがこれまでやってきたことってなんだ。 全員で連動して前からプレスをかけてボールを奪い、シュートまでつなげることではないのか。 その「連動」って部分がね、攻撃でも守備でも見受けられなかったのが歯がゆい。 疲れてるのは分かるけど(巌ですら「体力切れ」って言うくらいだからなぁ)、前に行かなきゃ。 足を出さなきゃ。 (それでも巌は今日も素敵だった・・・) 

キングと城はなんだかんだ言ってもキングと城で、体の使い方とか上手い。 加えてアウグストも。 チーム全体で封じ込めなきゃ、簡単には勝てないですよ。

もう一つ気になったのが、ディエゴの「くさび」のプレーが目についたこと。 ディエゴのとこで後ろ向きの「くさび」が入り、キタジのとこでまた同じ「くさび」が入る。 これじゃなかなか前に行かないよぉ。 どっちかってぇとそのプレーはキタジに任せて、ディエゴは前にボールを出して欲しいんだけどなぁ。

最後に一言。  「シュートは打たなきゃ入らない」

さ、来週は神戸戦。 ここで勝てばいいんです。 というか、日立台でこんな試合をやったら許されませんよ。 なんといってもコンディションを整えることが先決。 特に大谷、大谷、キタジ、谷澤、大谷ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

とりあえず愛媛戦を振り返っておく

個人的には、なんつっても巌。 実質1ボランチのような状況で、右に左に、気が付けばそこに巌。 セカンドボールが落ちた、その次の地点に必ず巌。 入りそうなFKまで蹴っちゃう巌。 ・・・素敵すぎる!! 背中の18番の周りにキラキラが飛んで見えましたよ。 

才能を見せつける谷澤、冴えわたる亮。

そしてディエゴのゴ---ル!!

愛媛は噂に違わず良いチームでした。 水戸の時はそれほど感じなかった「ナチオ」を愛媛に感じた。 でもそれより何より、ワンタッチでつながっていくパスにはビビった。 
柏の選手がホームなのに滑りまくってPA内ドフリーにさせた時はさらにビビった。
ミノルーニーはキレがあるし、やっぱり上手い。 大きくなって帰って来いよー。

試合後、アウェイ側自由席へ挨拶に向かう選手たちにベンチメンバーが駆け寄る。 その1人1人と抱き合う岡山。 ちょーいい人!!
勝利の「レッツゴー柏」を楽しみにしているのはゴール裏だけじゃない。 スタジアム全体で盛り上がろうと、1人列を離れてバクスタ・メインも煽りながら飛び跳ねる岡山。 もー、ちょーいい人!!!

んなわけで、
6連勝!! 首位堅持!!!!

今日も試合後踊ろうね。 三ツ沢初参戦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

やってやりましたね 東京V戦

この試合は観戦に行けなかったので、深夜の日テレ番組をチェック、チェック!!
でも、1時間の放送時間中、試合は正味30分くらいしか流れなかった・・・。 さすがにこれだけじゃ試合内容までは分からない・・・。
とりあえず分かったのは、日テレにとって「永井」といえば当然「永井秀樹」(「東京Vの」いった冠詞は無し)ってことと、フリーキックは大野が蹴らないのね、ってことくらいか。 激勝ぶりを見たかったのになー。 残念。

印象として、東京Vの選手はやっぱり個人能力高い。 1失点目とか、特にそう思う。 でも柏の選手も負けちゃいない!ってのが2点目・3点目。 「組織力があってこその個人能力」と言ったのは、昨年降格が決まったときの大野。 今、レイソルはまさにそうやってチームの力の上に個人の力を花開かせようとしてるよ! 

なんて余裕なこと書いてみたものの、ロスタイムの相手FKは、結果が分かって見てるのにドキドキしてしまいましたが(←バカもの)。 この時の「雄太!」コール、凄かった。 選手たちにどれほど大きな励ましになっているか。 そして試合中はずっと厳しい顔していた選手たちが終了のホイッスル鳴ったとたんに笑顔、笑顔。 特に雄太のはじける笑顔、サイコー!

そんなわけで、
5連勝!!  首位堅持!!!!

あー、いい気持ち。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »