« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

サッカー界に年末年始はない

・・・だそうで、「残念ながらレイソルを去る選手も出てくる可能性がある」とのシャチョーの言葉とともに、気をもみ続ける年越しであります。

大宮、玉田欲しいのー? プレースタイルといいギャル担当といい、似たようなタイプのコータくん来たんだから、もういいじゃーん。 タマもさぁ、かぶる選手がいるとこにいかなくていいじゃーん。

ミョウはやっぱり、やっぱり、西へ旅立ってしまわれるのですかぁ。。。(泣)

さて、高校サッカー始まりましたね。
実は市船大ファンなもので、今年は今ひとつ熱が入りませんが(前商も出てこないしよ・・)、流経柏は地元ですからね、頑張って欲しいです。 千葉テレビ、ちゃんと生中継してくれるかな。 昨年の千葉県予選ではレイソルのコールを応援にいっぱい使ってくれてて「こんな弱小チームのコールを使ってくれるとは・・・」と有り難味さえ感じたものですが、今年はどうなんだろう? その辺も楽しみに、応援したいと思います。

今年もあと30分。 皆様、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

ぞくぞく

ま、当然だな。 敵チームの心臓として自選手を差し出す馬鹿はおるまい。
ただ、水戸で充実した日々を過ごしているようで、グタグタになったレイソルに戻ってきてくれるのか、ひょっとして拒否されるんじゃ? って心配はあったんだけどね。 良かった、良かった。 レンタル前は軽いプレーが目に付いて私に怒られまくってた永井ですが、成長ぶりが楽しみです。

おっと、光輝も決まったね。 めでたいけど・・・対戦しちゃうのねん(泣)。 光輝も、毎年律儀に日立台に来ちゃうよねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月27日 (火)

はやっ!

ノブリン就任5日で山根さん移籍。 早っ! 見事な一本釣り。 や、歓迎してますよ。 経験ばっちり、監督の戦術を理解して中盤を締めてくれる選手として、いい補強だと思います。 サポの人気も高いらしいし。 サポに愛される選手は、絶対良い選手だからね。 嫌なニュースが現実になっちゃうと、祐三はDFとして使われる可能性高いし、そうするとボランチはミョウ(期待をこめて)と大谷だけ、柳沢の成長待ちって、およそ48試合を戦おうって布陣じゃなくなっちゃうからなー。
嫌なニュースも「柏への愛着」に期待をかけて、吹き飛ばされるよう祈ってます。

そして、タノ、良かったねー。 いっつも「さぁ、行くぞ」って時に怪我して、あんまり体調万全な状態を見られなかったのが残念でしたが、くさらず前を向き続けているから、次につながった。 その姿勢を忘れずに頑張れよ。 07年にお会いしましょう。。。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月26日 (月)

見えてきた、かも?

仕事に追われている間に、石崎さんの監督就任決定!
川勝さんじゃなければ、副島さんでも反町さんでも、いやむしろベストは西野さん(この状況であり得ねー!)・・・なんて思ってら・・・ノブリン、よくぞ決意してくれました。 能力を使いこなせてない若手(谷澤とか谷澤とか谷澤とか)を鍛えてくれそうで、期待が高まる。 やるべきことが明確になればさらに能力が伸びそうな若手(貴章とかウノとか達ちゃんとか)を花開かせてくれそうで、期待が高まる。

ところで。今夜のGet Sportsは玉田の密着ですね。 録画はするけど・・・正直、今見る自信がない。 きっと「レイソルの選手として頑張る玉」なんて見たら切なくて胸いっぱいになっちゃうよ。 「柏の葉タウンサイト」の明神インタビューで既に押しつぶされそうになっているのに。
Can Doでの石崎さんの「無理に残らせても仕方ない、このチームでJ1にあがるんだという気持ちを持った選手と戦う」って言葉には、J2を戦い抜く闘志を感じて「そうだそうだ」と力強くうなずいたりしたものの・・・ やっぱり、今いる選手全員がそういう気持ちでいて欲しいんです・・・

[追記]
放送見た方のサイト巡りました。 ヤバイ、ひょっとして今見なくっちゃ、正式にコトが決まった後とか、なおさら見られない!? あー、でも、う~。 私って玉のこと大好きなんだなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

2005シーズン終了

天皇杯G大阪戦・・・見たかったなぁ。
「Jリーグチャンピオンvs入替戦敗退チームの対戦ですぜ? なかなかの見ものじゃない? 中継しませんか、NHKさんよぉ・・・」とか思ってたんだけど。 どうせ世の中の皆様、レイソルに興味ないわよね、フン。

ラスト10分で3失点には力抜けましたが、出場選手が現状発揮できる力を発揮してくれたようで、それでいいです。 我らが達っちゃん2ゴール、嬉しいよ。

これにてシーズン終了。 開幕戦って玉&山下コンビのゴールだったんだよね。 あれは本当に昨年じゃなくて今年の話だよね?ってくらい遠い昔に思える。 その後なんだらかんだらありましたなぁ。 1ステージ制というのは、やっぱり長丁場の戦いだ。

思いはどうしても契約更改に飛ぶ。 もしかしてレイソルユニ着てるのを見るのが最後になる選手もいるかもしれないから、だからこの試合を見たいってのもあったの。 まだ怪我から完全復活をしていないであろう明神が先発と知った時には、かなり切なくなりました。・・・・ やっぱり、見たかったなぁ。 
現地に行かれた皆様、お疲れ様でした。 先週のあの試合の後の、今日の応援。 選手たちにとっては何より嬉しかったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

結局私を元気にしてくれるのは

心突き刺す報道が続く中、公式フォトギャラの桐畑のコメントにあっという間に励まされました。 そこに前を向く太陽戦士がいる限り、私も何度でも立ち直れるのです。 そしてマルコメ谷澤に大いに癒されました。 結局私を元気付けてくれるのは、レイソルなんです。 

玉田・・・知恵熱かしら??

で、今日は合同トライアウトだったんですね。って・・・
えーっ!? 光輝が出てる!?!?!?!

ぜんっぜん知らなかったよ!! 今期レギュラーだったのに!? 光輝のような選手が地味に優勝支えてる、とまで言われてたのに!?  今でも好きな選手なもんで、レイソル解雇の時と同じようなその扱いにショックだわー。 
その他にも元レイソル戦士としては、森川と町田が戦力外。 この2人も、負けん気あふれプレーぶりが好きなんです。 特にマッチーはさぁ、ゴール前で動き回って、勢いがあって・・・も一度帰ってきてほしいよぉ。 

あ、早野さん辞任ですか。 ま、今さら解任つーのもとってつけた感あるし、どっちでもいいです、解任だろうが、辞任だろうが。 天皇杯のメンバー選ぶのが別の人になるなら、それでいいの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

契約更改

早速始まってんのね。

怖い・・・ 怖いよぉ・・・  

才能ある選手が高いレベルでやりたがるのは当然だけど、当然だけど、当然だけどぉ・・・!! 他のユニ着て他のチームのために戦ってるのなんて見たくないんだもん。 我らがチームの自慢の選手として応援し続けたいんだもん・・・!!

昨日のエントリにはあえて名前をあげなかったけど、玉田にだって、ホントは・・・。 レイソルサポはみんな心の中で叫んでるよ。 「玉は俺たちのエースだ!!」

広報日誌の飯田氏の言葉に希望を託す。 その危機感、どうか、どうか、クラブスタッフ全員で共有してくれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日 (日)

まずは一夜明けました

一夜明けました。 まだたったの一日か。 この苦しさから逃れられるのにはまだまだ時間がかかりそうだ。 つーか、来季の布陣が決まってシーズン始まるまではダメかもしれん。。。

でも、すこしはJ2という現実に向かい合う気持ちが出てきました。 来季のJ2は48試合! 1年52週しかないのに48試合!! うわー、これは大変だ。。。 「試合がたくさん見られていいじゃない」とは家人の言葉。 ぐ・・・案外そうかもしれぬ。。。

1年でJ1復帰するのはJ1残留するより大変、だとは思うけど、1年目が重要だとも思う。 昨日もスポンサー離れを心配する声が多々あったけど、J2に長くとどまればとどまるほど知名度は落ちていく。 サポーターとまではいかないけど関心をもってくれる街の人たちの数も少なくなっていく。 今年、試合後によく「今日はどうでした?」って声をかけられた。 そんなの、JFLからJ1に昇格した年以来だった。 実際、今年は入場者数増えてるんだし。 1年で上昇気流に乗って、スポンサーの心と街民の心をつかんで、勢いを持って復帰することってすごく重要だと思う。

できなくはないと思うんですよ、ちゃんとした戦術をもった監督が来れば。 そいでもって選手がある程度残ってくれれば。 「若手を育てる」とかシャチョーは言っちゃってて、それは大事だけど、でも本気で一年復帰を目指すなら、そうそう余裕は無いぞ。 平山・大野・明神・雄太といった「チーム作りに物申す」匂いを漂わせてる中堅の意見をよく聞け。 祐三・永田・大谷といった「若いけどチームが見えている」選手の意見もよく聞け。 そして、できれば薩さんと増田さんに謝ってもう一度力を貸してもらえ。

実際、選手がどこまで残ってくれるかは、フロントがどこまでビジョンを示せるかにあると思う。 もちろん、そんなこととは別にJ1でやりたいっていう気持ちもあるだろうけど、まずはどこまでレイソルに心を残してくれるか、はね。

はぁ。。。怖いな、契約更改。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

終わった

私が愛したチームは今日で一度無くなったのかもしれない。 死の瞬間はこれまでのことが走馬灯のように思い浮かぶっていうけど、私もその通り、これまでの歩みが頭を駆け巡った。 苦しんで苦しんでJ1昇格して、最初はホント弱っちくて、外国人選手の力を借りながら日本人選手も少しずつ力をつけて、ユースやサテで修行した選手も見事トップで花ひらいて、ナビスコ獲って、優勝争いもして・・・ 監督の戦術と選手の能力が合わない年が続いてどんどん崩れてきて・・・

そして今日、この日。 

見てるのが辛かった。 早く終わればいいとすら思った。 私が12年間愛し続けてきたチームが、この大事な大事な試合で、方向性すら見出せずにフラフラと漂っている。 寂しかった。 悲しかった。 苦しかった。 ・・・ ゴールを決めた後、まるでシュート練習だったかのように淡々と戻っていったウノの背中も、同じ気持ちであることを物語っていた。

今日を含めたすべての敗因は、大野や祐三や平山や明神のコメントに明らかだ。
「ポイントは連動性にある」・・・黄金時代、西野さんが言っていた言葉が頭に浮かぶ。今のレイソルに見られないもの。

1点ビハインドの点を取りに行く状況で、どうせ討ち死にするんなら、貴章やウノや谷澤 - ゴールに向かってチャレンジしてくれる選手 - と心中したかったよ。 外国人トリオのように、ゴールに背を向けてDF背負ってばかりで、しかもキープできなくて相手の速攻招く選手たちではなく。 大谷や平山とも、最後まで一緒に戦いたかったよ。
メンツが違っていれば勝てた、というほど甲府は甘くなかったけど、それでももう少し何とかできたんじゃないかって悔いは大きく残る。

試合後、少し居残ってました。 フロントや監督に文句をつける為じゃなく、現実を受け入れる為に。 ピッチを見つめながら、この日立台で起こったことをしっかり受け止めようと。
でもきっと、明日からの方がもっと辛いんだろうなー。 何といってもまず選手達がどこまでチームに残ってくれるか不安だし、各種メディアの扱いも小さくなるし、周りの人は同情してくれちゃったりするし。

薩さん、増田さん。 そしてタノも。 昨年のように、勝利の後堂々と盛大に「ありがとう」の思いを伝えたかった。 今日のチケットを必死に取ったのは、その意味もあったのに。 

あまりの結果に呆然としてたけど、今頃になって涙が出そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

ショックはあるよ

簡単に勝てるとは思っていなかったけど、正直負けるとも思っていなかったので・・・・

公式HPの速報見てると「ヴァンフォーレ」の文字ばかりやたらに躍ってる。「もしかして負けるのか?」 どんどん不安が増していく。 気づけばシュート全然打ってない・・・。 それでも後半は攻め込んだ、印象を受けたけど、速報やTV観戦してた方の試合評を見るとそうでもなかったのか? しかも、最後の方、速報つながらなくなっちゃうし。 そんだけレイソルを応援してる人が多いんだと思うと仕方ないけど。

そう、もちろんショックはある。 けど次2-0で勝ちゃいいんでしょ?って話。

10日の日立台を思い浮かべて武者震いをしているのは私だけでしょうか。 想像しただけで鳥肌立たせちゃってるのは私だけでしょうか。

昨年の入替戦後、多くの選手が言っていた。「今日のスタジアムは本当に凄かった。 いつもこんな雰囲気の中で試合がやりたい」と。 不本意ながら、今年もその舞台は入替戦になってしまったけど、昨年以上の熱気がスタジアムを包むことは間違いない。 どうか、その熱さが、今日の敗戦に精神的ダメージを受けているはずの選手達の力になりますように。 勇気をもったチャレンジへの後押しになりますように。

「柏はもう厳しい」だって? 冗談ポイ。 勝負はこれから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

入替戦は甲府

結果も内容も完敗だったらしいレイソル、対して逆転で入替戦出場を決めた甲府。

レイソル選手たちが今日の試合をどういうモチベーションで戦っていたか、チーム内でこの試合がどういう認識をされていたかは、良く分からないけれど。 照準を入替戦に合わせたとしても、マズイ試合になってしまった。 

望みをつないでJ1挑戦への切符を手にした甲府に対して「ざけんな、負けるか」という気概を見せつけられるか、どうか。 広島戦・東京V戦でようやく手にした手ごたえと自信を、選手たちがまだもち続けられるか、どうか。

不安はつきない。けど、選手たちの中にあるだろう不安や緊張を、残留への執念が打ち負かすのを期待するしかない。

平山、一発退場って・・・(泣)。 増田さん、やっぱりあなたに頼るしかなさそうです。

薩さんも4枚目、ってことは出場停止か? 

甲府は、今日も太郎がゴール。 た~ろう、た~ろう、た~ろう~♪ って歌っている場合じゃないんだけど、ウチの子だったんで、活躍しているのは素直に嬉しい(除 12/7~10)。 そして、そして、ごめん、杉山新もいたんじゃ~ん!!  しっかり頑張ってるね、よしよし。 あの低いドリブル突破は要注意。 と思ったら、今日退場しちゃったんで、第一戦は出場停止か。。。 

2人とも、日立台で会おう。 そして、勝つのはやはりレイソルだ

-----------------------------------

J1優勝争いは、「C大阪の引分以下・G大阪の勝ち、で優勝はG」と予想してBS中継を見てました。予想通りで家人にプチ自慢中。 G大阪、追いつかれた後よく突き放したなぁ。 光輝、おめでとう。 西野さん、おめでとう。

千葉もロスタイムに逆転勝して、結局優勝できないにしても、出すべき結果をちゃんと出してるし。強いチームって、そういうことだと思う。

新幹線チャーターして行程から真っ赤に染めちゃうレッズサポ、かっこいいぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

根拠と自信はあるんだろうな?

昨日だか一昨日だかに届いたdoce。インタビューは増田。 宮本マネージャーのコラムネタは薩さん。 両ベテランの偉大さ・巧みさ・存在感に言及した内容だった。

これってさぁ、クラブが公式で出してるんだよね? 今年も苦しい時に2人に支えらたこと、クラブ側も十分分かってるってことじゃないの? それでもって、今期で契約満了って、支離滅裂だよ!! 何やってんだよ!!

抗議メールが殺到してることは横井広報の日記から窺い知れるけど、そんなの当然予想してたでしょう。 それでも、この決断をしたからには、当然それだけの根拠と、2人がいなくても来季は今年以上のチームを作れる自信があるんだよね????

滅茶苦茶辛いし、悲しいし、寂しげな笑顔を浮かべたという薩さんの心中を思うと痛いし、他の選手達への衝撃を思うと苦しいし、フロントへの不信感といった二次被害もすっげー(ホントにすっげー)心配だけど、でも、プロは結果第一だから、来季戦えるチームを作れたらなら許してやる。 っていうか、この痛みを癒せるのは、それしかない。

あぁ、でも、今ならまだ間に合うんじゃないか。 今頭を下げれば、間違いを認めれば、この仕打ちを許してくれるんじゃないか。 私たちのメールが事態を動かせるってことはあるだろうか。

------------------------------------

毎年ね、この時期は心がささくれ立ちます。 特に長年見ていると、それだけ思い入れの深い選手も多くなるから。 オールドサポであるところの唯一の嫌な点。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »