« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月30日 (金)

神戸は怖いですよ?

レイソル広報日記、「勝つぞ」じゃなくて「勝てるぞ」という雰囲気が伝わってくるって・・・。

そうなの? 選手に一番近いところにいる広報がそんな甘い雰囲気感じてるなんて、それヤバイんじゃないの?

だからこそサポーターにはガンバ戦のような雰囲気作りを、とか言っちゃってますが、柏のサポーターなら、ここ最近の柏を見てきた人たちなら、「勝てる」試合なんざ存在しないことは骨身に沁みてますよ? 神戸はポテンシャルがあって怖い相手だということも重々重々承知してますよ? 

残留争いを有利に進めるためには絶対負けられないこの試合。さぞかし現場の選手・スタッフもピリピリしてるだろうと思いきや、この発言。なんか気が抜けるなぁ。今こそ、ネバーフォーゲットナゴヤ。私らを誰だと思ってるんだ。スタジアムの雰囲気作りなんざ心配していただかなくても、ほっといても熱い応援を展開させて頂きます。チーム関係者は100%の力を出し切ることだけ考えていればよろし。余裕こいたプレーなんかしたら許さんからな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月28日 (水)

ラモスと大野が1時間・・・

1対1で話込んでいたようで・・・

何話してたんだろう・・・ ラモスから話しかけたのか、大野が話しかけたのかな・・・? すごく気になる・・・。

大野はですね、入団当時から見ていてですね、シャイな負けず嫌いがキャプテンをやるようにまでなって、あともう一押しで大輪の花が咲く、ってところで、成績不振の監督交代、で、本人も波にのれず彷徨ってしまったというか・・・。

でもね。今でも、大野が入ると「お、今までそのコースは考えられなかったぞぉ」ってところにパスが出てきますよ。あのセンスは、レイソルでは唯一無二と言っていい。

ただのひいき目と言われればそれまでなんですけどね、はい。 とにかく、このままベンチ外にいていい選手じゃないと信じてるんで。あの輝く10番をもう一度。待ってますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

ファンタジーサッカー

My team--雄太・波戸・薩川・土屋・明神・大谷・阿部・クレーベル・玉田・レイナウド・佐藤寿

レイソルは快勝だし、寿人はハットトリックだし、どんだけポイントあがるかとワクワクしてたんだけど、結果88fp。もうちょいいくと思ってたのになー。明神が警告でたったの3fp、年俸も下がってたのが納得いかない。サカダイだかサカマガだかが今節のMVPに選んでたほどの活躍だったのに。ファンサカって、実際の試合に即してるところが面白いんだけど、必ずしも内容が反映されるわけじゃないことを実感。

そういや、ラモスが新聞破って選手を鼓舞したって話、面白かったですね。しゃべるにつれテンションあがるラモスと唖然とする選手、いやー、見てきたように頭ん中に光景が浮かぶ。ラモスって、これまで来たどんな監督よりもどんな選手よりもレイソルらしからぬ人だー。私はレイソルのジミーズカラーを密かにこやなく愛するものですが、でもこの初体験のパワーに、だんだん楽しい気分になってきましたよ。

あと、祐三の「(ラモスと話をして)不覚にも緊張した」ってコメントも笑えた。不覚にもってあんた、相変わらず大物なコメントだねぇ。その客観ぶり、期待してるよ。次節復活なるかな? そろそろ大野も使って欲しいんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

レイソルを応援する喜び

えへへへぇ。勝っちゃったよ。えへへへぇ。

満員の、真っ黄色の日立台とか! 守備陣の厳しい寄せとか!! エースのゴール(しかも2発!)とか!!! 

選手の気迫を感じながら、ピッチを歓声で覆いつくして勝利に狂喜する。選手が身近に、頼もしく、大きく見える。やっぱココだよ、ココしかないよ、日立台!!

1点目も良かったけど、2点目の玉田、上手かったねー。ドリブルだけじゃなく、細かいこともできるのですよ、この男。ってか、できるようになってきたことに復調が見えますね。今度はゴール決めたら前みたくゴール裏に飛び込んできて欲しいなぁ(投げキッスも捨てがたい!?けど(笑))。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

石川ブレイクの予感!

何気なくTVつけたら、J-COMのREYSOL TIME。アッキーがインタビューしてるのは、誰だか若いお兄ちゃんだけど・・・なんて思ってたら、おや、石川じゃないですか! いや~、久々に見たら、体大きくなったね。首太くなったね。プロの体つきになったね! 日々の精進を感じます。飛躍の予感がします。 「千葉さん一家が行く」でも横井さんお勧め選手で登場してたし! 喜ばしい。私、物腰さわやかな好青年でレイソルらしい子だなぁ~と期待をかけているのですよ。

ところで、薩さん300試合記念Tシャツ、ちょっとカッコ良くない? SATSU SPIRITってのがいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月14日 (水)

現実逃避してる間に

名古屋戦?何それ?そんなの知らな~い・・・って現実逃避してる間に、ラモスコーチ誕生って!!!

う・う~ん。。。ラモスかぁ。。。ラモスねぇ。。。ラモス。。。

正直、最初は動揺したよ。

私は基本的に「最後は精神力ですね」とか「勝ちたいと思った方が勝つでしょう」とかってコメントする解説者を信用していない(それはプレーヤーとしての評価とは全く関係ないところでね)。プロなら「勝ちたい」と思う気持ちは基本で、その上に何をすべきかのコメントをしろよ、って思う。

で、ラモス。しかもコーチ。西野さん&ペリマン体制があまり上手くいかなかったことも思い出される。早野さんもプライド高そうだし。2人も気の強そうなのがいて大丈夫か。今、空中分解するわけにはいかんのだぞ!

・・・マスコミに大きく報道されてたり、他の柏サポさんの歓迎の言葉を見て、だいぶ落ち着いてきた。上手くいくかどうかは分からぬが、この周りのハイテンションに選手が上手く煽られてくれればいいな、と思う。ラモスの引退試合、私も見て、満場の「カリオカ!」コールに入ってたしね。これも縁でしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 7日 (水)

1人玉祭り開催中

柏公式サイトの「メディア情報」で知った J. LEAGUE BB on FLET'S の玉田インタビュー。 「そういや、ウチ、フレッツに変えたんだった」と思いながら覗いてみたら、いやぁ、まぁ! ココ、インタビューから試合ダイジェストから、Jリーグ好きには見逃せない充実ぶりじゃないの!

で、2,3日前から22節FC戦と13節広島戦のダイジェストを飽きもせず何度も繰り返し見ている次第。前節はともかく何故広島戦?といえば、玉田のゴール後の笑顔がサイコーだからですよ。この試合、生で見てたんですけどね、席が遠くて、こんなにクシャクシャな笑顔してたのまでは分からなかったから。・・・どうやら先週から今週にかけて仕事が忙しかった為、無意識のうちに癒しを求めていた模様。

今日のホンジュラス戦は、後半10分くらいから見られたけど、そこからじゃよく分かんない試合だったなぁ。玉は相方FWがタメ作れないとなかなかゴール狙う体勢に入れない感じだ。中盤、ちゃんとパス出してやってよ(ね、俊輔!)と思わずにいられませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 4日 (日)

勝ってるぅ~~!!

FC戦は見に行けず、速報も見られる状況になく・・・夜11時頃、ようやくネット接続できる状況に。

怖かったですよー、結果見るの。すっごいドキドキしてましたよ。

今節、勝負どころでしたからね。同じ下位チームとの対戦、負ければ奈落の底が口をあけて待っている。FCは何が悪くて勝てないんだかよく分からないところが逆に怖い。そして、苦手のホームだ!! 

「柏は玉田が2ゴールで勝利」の文字を見た時は、ホントにホントに腰がくだけそうなくらい安心しました。

オフィシャルの実況や応援に行かれた皆様のコメントを読むと、かなり際どく攻め込まれていたようですが、それでも、ここで勝てばもう少し上に絡んでいける。これからの選手の意識に相当影響してくると思うんですよね。「ホームで勝てない」呪縛からも、ま、日立台じゃないからアレですが、だいぶ解放されるでしょうし。それに何たってFWが4得点!! 「前が取ってくれる」って信頼感がチームに芽生えれば、こ~りゃ大きいでしょう!

長年レイソルを見てて感じるのは、実は、「ここが最後のポイントだ」って試合では勝つんですよ。そういう時は、試合開始前のサポーターの雰囲気からしてどこかしら集中力と力強さが漂っていて、それが選手に乗り移る。たとえその前の試合がグダグダでも、別のチームのようなファイトを見せてくれて、勝つ。それが初めて通じなかったのが、昨年の1st stage、国立の鹿島戦でした。あの時本気でこれはヤバイと思った。。。 今年は、前半戦のFC戦、神戸戦、そして今回のFC戦と、崖っぷちギリギリの試合では勝てている。楽観はしていないけど、でも、何とかいけるんじゃないかと、希望を持っている所以です。

玉は明日から代表合宿ですか? 結局海外組でいくのなら、あんまり無駄使いして疲れさせないでね>ジーコさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »