« あのさー、もうさー | トップページ | 見に行けなかったよ、大分戦 »

2005年7月 3日 (日)

広島戦

あんなに得点の匂いがしない攻撃してたのに、1点取ったとたん、攻め気と鋭さが出てくるんだもん。ホント、メンタル部分が作用しすぎるチームですなぁ。。。

まだまだ頭抱えるところは多い。とにかく、パスミスをなんとかして欲しい。不用意なパスをカットされて何度相手のチャンスに貢献したことか。もったいない、つーか、バカバカしい。あと、柏の選手はバランスが悪いのか、一度体制を崩されると修正がきかないのに比べて、広島の選手は再度立て直してボールをキープすることができる。この辺はフィジカルトレーニングで鍛えることができると思うんだけどな。

亮はデイフェンス面でまだ相当キツイ。あきらかに亮のサイドが狙われてて、持ち味の攻撃力なんて出す隙間もなかったんじゃないか。祐三も前半のボランチやってた時はポジションが定まらない感じで中盤が不安定に(ボールが落ちてくる地点に犬のように駆けていく、その意欲は買うけども)

あとは、やーぱ、攻撃だよね。リズムってものが感じられない。連携も、まだ、まだ、まだ、まだ。前半は平山が何度かサイドを抜けたけど、中で待っている選手が足りず、かと言って2列目から走ってくる選手もおらず。後半は、交代した谷澤が最初すっごい高い位置に張ってたのに全然ボールが来ないからだんだん下がってきちゃって、もったいない。平山もめずらしく苛立った様子で「あがれよ」って身振りしてたし。チームとしてどこでどうやって仕掛けるか、という意思統一がとれていないんだよね、きっと。

まぁでも、今までだったらこのままズルズルと負けちゃって「つまんねぇ試合だったな」で終わるところ、追いつけた。それは小さいながらも大事な一歩だ。

山下は前半35分頃から突如目覚めた。「そういや玉田との相性良かったんだっけ。」って思い出したよ。バウルもカリスマだった自分を思い出したか、迫力満点。波戸さんのリベロ、つーのか、3バックの真ん中、意外といけますね。相手をいなすような落ち着いたプレーにだんだん安心感が高まった。体をぶつけながらゴール前を守る「背番号4」に毅さんの姿がかぶったよ。クレーベルは、周りに関係なく自分のリズムでボールを捌こうとするのは合ってるのか?と疑問に思いつつも、一時のワンマンぶりが消えていたのが喜ばしい。大野、ボール扱い軽すぎ。そんなにキープできない選手じゃないだろ。が、大野が入ると平山・玉田がやりやすそうだ。今日の監督の英断は聡太を下げて祐三をDFにまわしたことではないかと。聡太ねぇ、気迫を感じる好きな選手なんだけどねぇ、今日のフィードはひどすぎだ。祐三はDFに入った方が動きが分かってるって感じがした。

そして、玉田のゴール!! 玉田はまだ80%くらいの出来だと思うけど、今期初ゴール、すっごいすっごい嬉しかったよ。やっぱエースですから! 玉田じゃなきゃ!!

それにしても、谷澤がボール持った時のあの歓声。日立台が一つになる、あの雰囲気。最近、代表関連でTV観戦ばっかだったから、やっぱ生はいいな。日立台はいいな。

|

« あのさー、もうさー | トップページ | 見に行けなかったよ、大分戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98211/4805063

この記事へのトラックバック一覧です: 広島戦:

« あのさー、もうさー | トップページ | 見に行けなかったよ、大分戦 »